希「わしわし~!」にこ「!」ピコーン


1: ◆Tn3qm05sjE:2017/01/06(金) 23:40:09.35 :Uhs02OVb0

にこ「はっ!」スッ

希「避けられた...だと...?」

にこ「甘いわね希、何度もやられればそのうち見切りが閃くのよ」

希「見切り?閃く?一体何を言ってるん?」

にこ「にこの頭上に一瞬だけど電球が見えなかった?」

希「そう言われてみれば見えたような...ってそれが何か関係あるん?」

にこ「だから見切りを閃いたんだってば」

希「あかん、にこっちが何言ってるかさっぱりわからん」


2: ◆Tn3qm05sjE:2017/01/06(金) 23:41:15.03 :Uhs02OVb0

にこ「聞いて分からないなら試してごらんなさい」カモン

希「え~、やれって言われてやるのは何か違う気がするんよ」

にこ「あっそ、ならにこはもう行くわね」クルッ

希(にこっちが後ろを向いた!今や!)クワッ

スカッ

希「あれ?後ろから気づかれないようにやったのに...」

にこ「ふっ、これが"見切り"よ」


3: ◆Tn3qm05sjE:2017/01/06(金) 23:42:30.51 :Uhs02OVb0

希(あのあと何回やってもにこっちにワシワシはできなかった...)

希(ウチの腕が落ちた?いやそんなまさか...)

穂乃果「希ちゃん?何だか落ち込んでるように見えるけどどうしたの?」

希「あ、穂乃果ちゃんちょうど良い所に」

穂乃果「え?あ...ぎゃーっ!」

ワシワシワシワシ

穂乃果「」ピクピク

希「穂乃果ちゃんにはできた...念のためにもっと誰かで試してみよっかな」


続きを読む