SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

冒険者「は? 鑑定額1億Gですか?」

1:以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/05(木) 09:09:16 ID:69SabcRQ


冒険者「冗談ですよね?」

商人「いえ間違いありませんね。それも『最低でも』という意味での1億Gです」

冒険者「いや、谷底で拾ったただの黄色い石ですよ?」

商人「それなんですがね、その谷底辺りは百年ほど前まで古代竜の棲家だったんですよ」

商人「百年前の事なので正確な記録はありませんがね、どうも討伐されたようで」

商人「その名残なのか、あの辺りは魔物が近付かないと聞きますが……と、脱線しましたな」

商人「で、この黄色い石、竜の胆石なんですよ」

冒険者「胆石? それがなぜ1億Gに?」

商人「これは稀に見る高濃度の魔力結晶なのですよ。数百年以上竜の魔力を体内で浴び続けて変化した物ですな」

商人「資源価値だけで1億G、好事家に売り付ければ数倍の値が付くでしょうな」

冒険者「……」 ポカーン



2:以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/05(木) 09:09:50 ID:69SabcRQ


商人「で、どうしますかな?」

冒険者「どうすると言われましても、その」

商人「はは、まあ迷うのが当然の話ですよ。しかし、それを個人で持ち続けるのはお勧めできませんよ」

商人「それだけ高濃度な魔力結晶を持っていれば、隠したところで魔法使い連中に気付かれますからな」

商人「世の中善人ばかりではない、という事ですな! はは!」

冒険者「笑えないです……」

商人「おっと、これは失敬」

商人「ふむ、そうですな。冒険者殿、この竜の胆石を売る権利を1億Gで売却していただけませんか?」

冒険者「売る権利を、ですか?」

商人「ええ。冒険者殿からすれば、突然湧いた幸運を誰かに騙し取られやしないかと不安でしょう」

商人「私としては、他の商店に持ち込まれて商機を失うのが一番の不安でしてね」



3:以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/05(木) 09:13:14 ID:69SabcRQ


商人「ですからまず私が冒険者殿に1億Gを支払って竜の胆石を預かり、最も良い条件の相手に売る」

商人「そして売り払った額から、そうですな、20パーセントの仲介料をいただきましょう」

商人「少々高く感じるかもしれませんが、これは私の培った人脈にはそれだけの価値があると御理解いただきたい」

商人「仮に冒険者殿がお一人で売り先を探しても1億に毛が生えた程度。そして他の商店に私に優る人脈など期待できはしません」

商人「最後に、残りの額から1億Gを差し引いた額を冒険者殿が私から受け取る事になりますな」

商人「つまり1億Gは竜の胆石を預かるための担保ですな」

商人「そして高く売れば売るほど仲介料も増すのですから、私も手を抜きはしますまい?」

商人「冒険者殿は即金を受け取り、私は商機を確実なものとできる。お互いが得をするわけですな」

商人「いかがですかな?」

冒険者「……わかりました、この話お受けします!」



続きを読む

関連のSS

22pt
勇者(29)「何!?合コンだと!!!!???」男魔法使い(31)「ああ」男戦士(21)
15pt
俺「えっ!?俺のチ○コだけ異世界転生!?」
13pt
(自称)魔王「魔界を発展させたい」
11pt
【安価】(自称)魔王「魔界を発展させたい」【コンマ】
25pt
魔王「もう無理だ。勇者に勝てるわけないよ……」
11pt
【安価】勇者「国王を倒すしかないぞ」魔王「そうだ!」
18pt
勇者「国王を倒すしかないぞ」魔王「そうだ!」
23pt
女騎士「クッ...殺せ」男「くっくっく、恥辱の限りを尽くしてやるぜ」
18pt
女騎士「スライムは恐ろしい魔物なんだぞ」
31pt
魔王「来たか勇者」勇者「お、おにいちゃん・・・?」
197pt
勇者「全身呪いの装備で固めてしまった」
32pt
僧侶「最上級の回復呪文……!?」
41pt
勇者「とうとう辿り着いたぞ!」魔王「なんだこの幼女は」
19pt
魔王「商人が一番怖い」
19pt
魔王「世界征服より会社経営の方が儲からないか?」側近「御もっともです」
15pt
姫「白き衣をまとい聖剣を振るい月を操る勇者様の伝説」
27pt
大男「はっ、一回戦の相手はガキか。楽勝だな」 少年剣士「ば、バカにするな!」
55pt
勇者「幼馴染がすごくウザい件」
168pt
勇者「王様から貰った□リ淫魔とえっちしまくってたら魔王どうでも良くなってきた…」
131pt
王様「おお勇者よ!旅立ちにあたってお金と装備と、性欲処理用の口リ淫魔をそなたに授けよう!」