冒険者「は? 鑑定額1億Gですか?」

1:以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/05(木) 09:09:16 ID:69SabcRQ

冒険者「冗談ですよね?」

商人「いえ間違いありませんね。それも『最低でも』という意味での1億Gです」

冒険者「いや、谷底で拾ったただの黄色い石ですよ?」

商人「それなんですがね、その谷底辺りは百年ほど前まで古代竜の棲家だったんですよ」

商人「百年前の事なので正確な記録はありませんがね、どうも討伐されたようで」

商人「その名残なのか、あの辺りは魔物が近付かないと聞きますが......と、脱線しましたな」

商人「で、この黄色い石、竜の胆石なんですよ」

冒険者「胆石? それがなぜ1億Gに?」

商人「これは稀に見る高濃度の魔力結晶なのですよ。数百年以上竜の魔力を体内で浴び続けて変化した物ですな」

商人「資源価値だけで1億G、好事家に売り付ければ数倍の値が付くでしょうな」

冒険者「......」 ポカーン



2:以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/05(木) 09:09:50 ID:69SabcRQ

商人「で、どうしますかな?」

冒険者「どうすると言われましても、その」

商人「はは、まあ迷うのが当然の話ですよ。しかし、それを個人で持ち続けるのはお勧めできませんよ」

商人「それだけ高濃度な魔力結晶を持っていれば、隠したところで魔法使い連中に気付かれますからな」

商人「世の中善人ばかりではない、という事ですな! はは!」

冒険者「笑えないです......」

商人「おっと、これは失敬」

商人「ふむ、そうですな。冒険者殿、この竜の胆石を売る権利を1億Gで売却していただけませんか?」

冒険者「売る権利を、ですか?」

商人「ええ。冒険者殿からすれば、突然湧いた幸運を誰かに騙し取られやしないかと不安でしょう」

商人「私としては、他の商店に持ち込まれて商機を失うのが一番の不安でしてね」


続きを読む