【とある魔術の禁書目録】「絹旗を引き取ることになった」


元スレ
▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-35冊目-【超電磁砲】

▽【禁書目録】「とあるシリーズSS総合スレ」-36冊目-【超電磁砲】

701 : VIPに... - 2012/01/21 01:55:12.23 0MjPP7+0o 2/53

■月■日 晴

絹旗を引き取ることになった。

表情が険しい。
この表情がこれからどう変化していくのかがとても楽しみだが今日のところは自制する。
時間はある。焦ることはない。
何時ものファミレスでハンバーグセットを奢ってやった。
ドリンクバーに行けと命令してきたので特性のメロンソーダを持ってきてやった。
疲れもあっただろう。
薬の効果は抜群で会計を済ませる頃にはうたた寝をしていた。

帰宅してベットに寝かして服を剥ぎ取った。
綺麗だ。処女膜もある。陰毛は生えてなかった。

箱の中に収めておきたいほど綺麗だった。

「ほう」と息をついた。


■月■日 晴

新しい生活にもだんだんと馴染んてきたようだ。
洗濯物の取り込みを命令すると背が届かないと駄々を言う。
鈴のような声。
少しづつ表情を取り戻しつつある。

野菜の剥き方を教えてやる。意外と不器用だ。

702 : VIPに... - 2012/01/21 01:55:48.05 0MjPP7+0o 3/53

■月■日 曇

笑うようになったので本性を出す。

食事・衣服・排便の自由を制限する。
唖然と目を丸くした顔は笑えた。
猛然と拳を振り上げてきたが軽く手を振るだけで吹き飛ぶ。
能力を使えない能力者などこんなものだ。

暴力に訴えるのは嫌だったが仕方がない。

顔の形が変わる前に自分の立場を理解してくれて何よりだ。

ショックだったのか大声で泣いている。
感情は取り上げられない。


■月■日 晴

(このページは汚れていて読めない)


■月■日 曇

一言も喋らなかった。
反抗の意思はまだまだあるようだ。

続きを読む