上条「……姫神か」姫神「あなたも。一人なの?」

1 : 以下、名... - 2013/01/01(火) 01:09:17.41 Xi/QzM0d0 1/37

1月1日。時刻は午前12時15分。日付が変更される少し前からそわそわしていた。
去年は思い出すのも悲しいくらい少なかったが、今年はそうはいくまいと。

上条(ふふふ。上条さん、今年はたくさん来る気がしてならないのです)

インデックス「? にやにやしてきもひわるいんだよ」

ずずず、と特大の年越し蕎麦を啜りながら話す。新年の挨拶を急かしていたのもこれが理由のようだ。

上条「こら、口に物を入れたまま喋るんじゃありません」

インデックス「へーんだ」

上条「ったく」

上条(今年は10......いや、ひょっとすると20は......)

上条当麻は知らなかった。ちょうど前日に踏んだごく普通のサイトからウィルスを貰っていた事。
そして、そのウィルスは元旦から丁度3時間の間だけ、自身のメールアドレスを変更する物だった事を。

元スレ
上条「......姫神か」姫神「あなたも、一人なの?」

5 : >>3 あ、そうなのか。スマソ - 2013/01/01(火) 01:17:30.74 Xi/QzM0d0 2/37

――

午前1時。インデックスは飽きるほど食した蕎麦のおかげで、炬燵の中で幸せそうに眠っていた。
そして、上条当麻はその前でがっくしと項垂れていた。

上条「......まぁ、そんな気はしていましたけれども」

上条「......いや......確か0時付近は混線するから、皆送信を避けるって......」

上条「ふふふ、まだ希望の灯は消えてなかった」

続きを読む