オネェP「あら、アンタまーた胸大きくなったんじゃないの?」モミモミ

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 23:54:08.23 :Us0qzsOG0

春香「あっ、わかります?ちょっとだけですけど」

オネェP「いいわね~アタシなんてガチガチよガチガチ! もっと揉ませなさいよ~」モミモミ

春香「ん......あっ...せ、セクハラですよセクハラ」

オネェP「アタシは別に胸触ったくらいでどうも......あら、アンタ意外にいいカタチしてるじゃないの!!」

春香「でしょう? まだまだ成長しますよ!」

雪歩「プロデューサー私も確認してくださいっ」

オネェP「いいわよ~。アタシが教えたバストアップ体操続けてる?」モミモミ

雪歩「んっ......は、はい。食べ物にも気をつけてますぅ」

オネェP「まっ、雪歩チャンの方が美乳じゃない! んも~やだぁ~~!」クネクネ

春香「むむむ」

雪歩「やりましたぁ♪」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 23:54:41.59 :Us0qzsOG0

伊織「あら二人でネットショッピング?」

美希「うん。ハニー、このブラどうかな?」

オネェP「そうねェ~ 美希チャンならこっちの方がいいんじゃない?」

伊織「ちょっと大人っぽいんじゃないの?」

美希「そうだね。でこちゃんにはまだ早いかも」

伊織「なんですってー!? 私だってちゃんとしたブラつけてるわよ!」ヌギッ

美希「ふふーん。ミキの方がオトナだもんねー。ほらっ!」ヌギッ

オネェP「んふふ、残念だけどアタシのブラが一番......オ・ト・ナよん」ムキムキッ

律子「あんたたち外でそれやっちゃダメよ」


続きを読む