リーリエ「せっかくカントー地方に来たので>>3をします」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 16:48:34.89 ID:tpsca4Ji0

リーリエ「マサキさんのおかげでお母さまと毒が無事に分離、しばらく入院することになりましたがこれで一安心です」


リーリエ「それでせっかくカントー地方に来たので>>3をしたいと思います」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 16:51:56.33 ID:XNcA8KbYo

レッドのじたくに押しかける


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 16:55:06.82 ID:tpsca4Ji0

リーリエ「カントー地方最強のポケモントレーナーさんに会いに行きましょう!」


リーリエ「確か場所はマサラタウン、あのオーキド博士がいる町でしたね」


リーリエ「一応連絡は取っておきましょう、後で色々お世話になるかもしれないので」


リーリエ「それじゃあ早速行きましょう。マサラタウンに!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 16:58:33.01 ID:tpsca4Ji0

マサラタウン


リーリエ「ふぅ...。ここまで来るのにかなりかかりました。まさかバスが一日4本しか通ってないなんて...」


リーリエ「でもやっとつきました。アレがレッドさんの家ですね。家が二つしかないのですぐわかりました」


リーリエ「さて...」


リーリエ「スーハー...」


ピンポーン


ガチャ


レッドのママ「はい、どちら様?」


リーリエ「あの、私、リーリエと申します。唐突ですいませんがレッドさんはいらっしゃいませんか?」


ママ「あら?レッドに会いに来たの?あの子は今↓2」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:08:31.85 ID:yLBvDVnU0

シロガネ山にいる

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:11:41.85 ID:tpsca4Ji0

ママ「またシロガネ山へ山籠もりしているのよ」


リーリエ「シロガネ山?」


ママ「ここから結構離れたジョウト地方にある山でね」


ママ「並のトレーナーやかなり強いトレーナーじゃ手も足もでないポケモンがたくさんいるんですって」


ママ「だからごめんなさい、レッドに合わせることができなくて」


リーリエ「いえ、こちらこそどうもありがとうございました」


リーリエ「はぁ...。せっかく会えると思ったのに残念です」


リーリエ「仕方ありません。オーキド研究所に行きましょう」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:14:48.73 ID:tpsca4Ji0
続きを読む