リヴァイ「細い月の下」

1: ◆uSEt4QqJNo 2016/12/25(日) 23:22:30 ID:Ua6E3uk.




人里離れた場所にあるひとつの民家。
そこが隠れ家になっている。

その家に交代で見張りをし、エレンとヒストリアを匿っていた。

遠くを見ていた今日の見張り当番、ジャンが物音に気づく。
馬の蹄の音だ。一瞬身構えるがすぐに警戒を解いた。


「......ハンジさん達か」


まだ夕陽に染まったばかりで目視できた。
緊張で少しだけ速まった鼓動を落ち着かせるように息を吐く。


「ビビりすぎだろ、ジャン」



2: ◆uSEt4QqJNo 2016/12/25(日) 23:23:05 ID:Ua6E3uk.



共に警戒にあたっていたコニーから声が飛ぶ。
からかう声だがそれに安堵が滲んでいた。


「うるせぇ。緊張感持てよ」


滲んでいたものに気づいてはいたが軽口で返して自分と相手を落ち着かせる材料にする。
そうしてからハンジ達へ手を振った。


「ハンジさん」

「やぁ、元気かい? 変わりない?」


ハンジは馬を止め、馬上から笑顔で近況を聞く。


「ええ、特には何も。状況報告ですか?」

「まぁね」


馬を降りながら答えたあと「ご苦労様」とジャンとコニーの肩を叩いて中へと入っていった。
ハンジの部下が馬を繋ぎ、ハンジのあとを追うまで見届け、二人は再び見張りを続けた。


3: ◆uSEt4QqJNo 2016/12/25(日) 23:23:35 ID:Ua6E3uk.




暫くしてハンジ達は隠れ家から出てきた。
然程時間は経っていなかったため報告以外には何もなかったのだろうとジャンは思った。

外へ出たハンジが両手で身体を抱くようにして少し身震いをする。
月明かりが映える時間が迫っていることもあり、部屋から出てきたばかりでは寒さを余計に感じるのだろう。


「見張り、寒そうだね。温かくして頑張ってね」


ハンジは微笑みながらジャンとコニーへ労いの言葉をかけた。
二人は「はい、そうします」と返事をして見張りを続ける。


続きを読む