ヴォルデモート「ホグワーツに等身大ヴォルデモート人形を仕掛けた」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 22:42:53.77 ID:97gnuyu60
ベラトリックス「>>3をですか...」

ヴォルデモート「ドラコがうまくやってくれた」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420465373
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 22:44:44.25 ID:/5+jMBLk0
等身大ヴォルデモート人形
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 22:50:23.12 ID:97gnuyu60
ヴォルデモート「そう。俺様の等身大人形を仕掛けた」

ルシウス「ある種の示威行為ですな」

ヴォルデモート「見つけた生徒はさぞ驚くであろう」

ベラトリックス「しかし、どこに仕掛けたのでしょう」

ヴォルデモート「>>6だということだ」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 22:52:24.55 ID:B/b1VZMF0
スリザリンの寮前
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 22:59:36.73 ID:97gnuyu60
ヴォルデモート「スリザリンの寮の入り口だということだ」

ルシウス(あれ、誰も怖がらないんじゃ...)

ヴォルデモート「あの薄暗い地下通路に、燐光を放ちながら佇む俺様の像......スリザリンの同胞の子等はそれを目にして俺様への忠誠心と畏敬の念を強めるというわけだ」

ピーター(光るんだ...)

ヴォルデモート「しかし、16にもなるドラコへの任務としては容易かったようだな?」

ルシウス「え、ええ。ドラコは監督生ですし、寮の周りで何かするのはお手の物でしょう」

ヴォルデモート「では、今度は>>13でも任せてみようか」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 23:02:50.66 ID:H/0XzP6eO
スネイプにシャンプーしてリンスも
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 23:13:11.92 ID:RDo0vB8g0
仲良くお風呂に入るのか
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 23:14:35.15 ID:97gnuyu60
ヴォルデモート「ドラコがセブルスにシャンプーとリンスをかけられるか試そうではないか」

ルシウス「!?」

ヴォルデモート「セブルスには任務の性質上、疑いがつきまとう」

ヴォルデモート「俺様への忠誠を見せても...悲しいことだが...それを信じられない死喰い人はいるというわけだ...」

ベラトリックス「畏れながら、我が君? それがドラコへの任務とどう関係するのでしょう」

ヴォルデモート「セブルスとて背後と首を晒してしまえばドラコに傷を負わされる可能性はあろう」

ルシウス「?」

ヴォルデモート「そして、今のドラコは新入りの死喰い人として俺様への忠誠を最も示したがっている」

ルシウス「??」

ヴォルデモート「要は、セブルスがドラコにシャンプーをされることで奴の忠誠の一端が示されるということだ」

ルシウス「なるほど。では逆にシャンプーを拒むのであれば...?」

ヴォルデモート「ダンブルドアの手に落ちた、と考えよう」
タグ:
続きを読む