【SS】ポケモンものがたり

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 04:28:21.81 ID:sE5+pmBg0

ここはポケモンだけが住む島、ポケモン島。

自然があふれ、たくさんの種類のポケモンがそれぞれの社会を作り生存しています。

そして、ポケモン島の一番南に広がる森の中、サルのポケモンだけが住むおさるの村。

ここに一匹のヒコザルがいました。

しかしこのヒコザルはいつも他のサルポケモンからいじめられています。

あらあらたいへん、また今日もヒコザルはいじめられているようです。

マンキー「おいヒコザル!早くここまで登って来いよ!」

マンキーが一番高い木のてっぺんからそう言います。

ヒコザル「む、無理だよ・・・早く、それ返して・・・」

バオップ「お前、サルのくせに木も登れないのか?」

ヒヤップ「やだ、あいつまた泣くわよ!」

木の上から他のサルポケモンたちが言います。

てっぺんのマンキーの手には、ヒコザルの大事なお守りが握られていました。

星の形をした綺麗なお守りです。

マンキー「返してほしかったら早く登って来い!」

マンキーの言葉にほかのポケモンたちがクスクス笑います。

ヒコザル「か、返してよ・・・」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/04(金) 04:29:00.37 ID:sE5+pmBg0

ヒコザルは泣き出してしまいました。

このヒコザルは、怖がりで、弱虫で、いつもいじめられて泣いてばかり。

マンキー「ほら、返してやるよ!」

そういってマンキーは、ヒコザルのお守りを力いっぱい木の上から放り投げます。

ポイ

お守りは遠く森の向こうまで飛んでいきます。

ヒコザル「あっ!」

ヒコザルは急いでお守りが飛んでいった方へ駆け出しました。

そんなヒコザルの後姿を、マンキーたちは大声で笑いながら見送りました。

3: pppp ◆1V4CaE0ZHE 2016/11/04(金) 04:30:12.18 ID:sE5+pmBg0
続きを読む