QB「言い訳になるけれど」【反逆まどかSS】


1: ◆iCtkvfDqRw 2016/09/21(水) 20:15:27.75 ID:6WkSV5OYO
反逆の物語をベースにしています。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474456527
2: ◆iCtkvfDqRw 2016/09/21(水) 20:19:18.44 ID:6WkSV5OYO

世界は二回の改変を受けた。
だけど、エントロピーの増大による宇宙の終焉を防ぐ計画そのものに支障はない。
この宇宙に存在する、条理を捻じ曲げる力の多くは暁美ほむらと鹿目まどかに集約されることになった。
だが、彼女達が宇宙の危機を見捨てず、そして救う力を持っているのならば彼女達に重要な役割を任せればいい。

現在、鹿目まどかはその力を封印され、暁美ほむらだけが大きな力を振るうことが出来る。
彼女が吹聴する悪と愛で宇宙を救うことが出来るというのなら試してみるがいい。
僕等がこの惑星に降り立った時から、星全体に満たされていたその感情を宇宙全体に拡散させることが出来るならやってみればいいんだ。


----
3: ◆iCtkvfDqRw 2016/09/21(水) 20:28:05.08 ID:6WkSV5OYO

僕達は人間に対して譲歩している。
或いは、譲歩し過ぎているとさえ言える。

このことを暁美ほむらに話したことがあるが、受け入れられたことも無かった。

僕達は人間が家畜を扱うよりも、ずっと人間に対して譲歩している。
或いは、暁美ほむらの干渉を受ける前から、暴走さえ許容していたと言える。
それは本当だろうか。

断片的な情報では断定ができないが、この世界は少なくとも過去、二度に渡って改変されている。

一度目は鹿目まどかが円環の理という概念になるため。
二度目は暁美ほむらが自らの意思で世界を作り変える概念になるため。

二度目はともかく、一度目の改変については僕達が鹿目まどかを円環の理にするため、その技術を提供したことになる。
過ぎてしまったことをとやかくは言えないが、僕達はそれを否定することが出来たはずだ。
危険であれば後付でも何でも言い訳を付けて、願いを拒否することも出来ただろう。
結末だけを言えば、その世界改変は宇宙を救うために必要なエネルギーの回収効率を著しく落としただけと言える。
背景には何があったのだろう。

タグ:
続きを読む