阿笠「できたぞ新一!光彦君の体を小さくするスイッチじゃ!」


転載元:

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/11/25(金) 13:02:56.290 ID:oFtbK2Dp0.net

コナン「まじかよ博士!」

阿笠「そうじゃ!このボタンを押せばたちまち光彦君は背丈が小さくなるんじゃ!」

阿笠「だいたい身長は10�僂阿蕕い犬磴福�」

コナン「サンキュー博士!借りてくぜ!」

阿笠「くれ悪じゃよ〜!」

̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






























4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/11/25(金) 13:05:15.862 ID:oFtbK2Dp0.net

小学校


コナン「オッス!」

歩美「あ!コナンくんおはよー!」

光彦「おはようございます!コナン君」

うなぎ「うな」

灰原「あら...今日は早いのね...」

コナン「灰原!朗報だ!光彦の体を小さくするボタンを博士に作ってもらったんだ!」

灰原「なんですって!早速使って...」

コナン「いーや、タイミングというものがあるんだよ」

̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

給食


光彦「うわ...今日の給食は納豆の味噌汁ですか...」

歩美「私、口臭くなるの嫌だなぁ...」

うなぎ「うなうな!」

灰原「で、どのタイミングで使うのよ?」

コナン「ったりめーだろバーロー!今日の給食を見てみろ!」

灰原「納豆の味噌汁?...あ!」

コナン「そうさ...光彦がスープをのもうとした瞬間にこのボタンを押す!」

灰原「そうすると味噌汁の中に円谷君が落ちるのね!素晴らしいわ!」

続きを読む