岡部「助手よ、ま◯こを見せてくれ」 紅莉栖「…はぁ!?」


1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/07/10(日) 01:35:58.677 :2Z7uf60eM.net

岡部「まんこを見せろと言っているのだ!」

紅莉栖「な、何でアンタに見せなきゃダメなのよぉ!?この変態!バカなの!?死ぬの!?」

岡部「落ち着け!これは真剣な話なんだ!」

紅莉栖「何が真剣な話よ!?」

岡部「...お前は実は病気なんだ」

紅莉栖「私が病気...?そんな、全然健康なように見えるのに...?」

岡部「ああ」

紅莉栖「というか何で岡部がそんなことを知ってるのよ?」

岡部「俺は未来からタイムリープしてきたんだ」

紅莉栖「未来から...?」

岡部「ああ、お前はその病気のせいでまもなく死ぬ」

紅莉栖「...え」

岡部「だから俺が...」

紅莉栖「今から病院に行ってくるわ」

岡部「ちょ、ちょっと待て...!」

紅莉栖「何よ?」

岡部「病院には行くな!」

紅莉栖「何でよ?」

岡部「お前は病院に行って失敗する!」

紅莉栖「そんなわけないでしょ」

岡部「いいや、本当だ!○○病院に行くつもりなのだろう!?」

紅莉栖「...っ!何でそれを...」

岡部「いっただろう...俺は未来から来たと」

紅莉栖「じゃ、じゃあ□□病院に...」

岡部「そこにいってもダメだ!例え□□病院をやめて△△病院に行ったとしてもな...」

紅莉栖「じゃあどうすればいいのよ!?」

岡部「俺に任せろ」

紅莉栖「...は?」


続きを読む