フェイリス「凶真の好きな子ってクーニャン?」岡部「お前」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 20:34:06.00 :gsfmQ+a00

フェイリス「ふにゃ?」

岡部「俺が好きなのはお前だフェイリス」

ぎゅ

フェイリス「きょ、凶真!? ほ、本気なのかニャン?」

岡部「無論だ。俺はお前が好きだ。フェイリス......いや、秋葉留未穂」

留未穂「お、岡部さんっ、わ、私も岡部さんの事が......!」




ガバッ

フェイリス「うにゃ?」

フェイリス「......ニャンだ、夢か」


終わり


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 20:40:14.58 :oAHHW0GA0
なんだ夢か


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 20:46:54.99 :/k0+3Sp20

ラボ

フェイリス(うー、なんで今朝はあんな夢を見たのニャ......)

フェイリス「......」チラッ

岡部「くっ!助手の分際でまた俺に指図するか!?」

紅莉栖「だから助手じゃないと言っとるだろーが!」

まゆり「もう、二人とも喧嘩はダメだよ~」

フェイリス(凶真にはクーニャンとマユシィがいるのに......)

フェイリス「はあ......」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/10(日) 20:51:57.00 :/k0+3Sp20

岡部「うん?どうしたか、フェイリス」

フェイリス「うにゃ?」

岡部「お前がため息を吐くなんて珍しいな」

フェイリス「ニャ、ニャンでもないニャン♪フェイリスはいつも元気だニャン」

ダル「せっかくフェイリスたんが暇を見つけてラボに来てくれたのに、牧瀬氏とオカリンのいつもの痴話喧嘩を見せられたら誰だってため息くらい吐きたくなるお」

岡部「はあ!?」

紅莉栖「だ、誰が痴話喧嘩なんか!」

ダル「ほら息ぴったりだし」

フェイリス「......」


続きを読む