小町「お兄ちゃん」

関連SS




1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/11/16(水) 23:58:54.28 :+LzV5In80

小町「ぬくもり」
小町「ぬくもり」 続 の続き


朝。残り少ない貴重な冬休みを満喫していた。マッ缶を飲みながら何も考えずボーっとしているこの時間。
缶を軽く左右に振り残量を確認。あと半分ほどだろうか。
缶を口に寄せ、少量口に含む。甘さが口に広がりそれを堪能した後、飲み干す。

「ふー......」

冬休み短かったなぁ...、ほとんど家で過ごしたが。こんな日々がいつまでも続いてほしい。
心の中でそんな自分勝手なことを考えていると階段を勢いよく降りる音が聞こえてきた


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/11/17(木) 00:00:25.42 :GrHOvZzd0

「はいちゅうもーーーく」

「......」

愛しの妹が腰に手を添え立っている。
すました顔しやがって...!昨日ベッドであれだけ乱れていたくせに...!!(寝相)

「お兄ちゃんはどうせ今日も暇なので小町の買い物に付き合ってください」

「おい勝手に俺が暇だって決めつけんなよ、しかも『も』ってなんだよ」

いや間違ってないんですけどね?でももうちょっと優しく言ってくれてもいいんじゃないですかね?
俺が言い返さない事を見ると小町はウンウンと頷きながら満足げな顔をする。可愛いから許す。可愛いは正義。
つまり小町=正義。やだうちの妹どっかの戦隊ヒーローの一員としてテレビに出るんじゃないだろうか。色は黄色だな。

「はい決定!お昼は小町がつくるから家で食べていこ」

「はいはい」

小町は準備をしにか2階へあがっていった。俺も先に済ませておくか。

どうやら今日は忙しい一日になりそうだ。


続きを読む