クウラ「飲食業界で宇宙一になってやる!」フリーザ「はぁ……」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/11(金) 01:25:23.50 ID:MwtOw3CRo

―惑星クウラ―

クウラ「親父、フリーザ、よく来てくれた」

フリーザ「お兄さんが私たちを呼び出すなんて珍しいですね」

コルド「一大決心をしたと連絡を受けたが、いったいどんな決心をしたのだ?」

クウラ「実はな、オレは宇宙を支配するのに、これまでのように武力で支配するやり方は」

クウラ「もう古いし、効率的ではないと考えた」

クウラ「むしろ、三大欲求の一つである“食欲”で支配する方がいいと思うのだ」

クウラ「だからオレは、飲食業界で宇宙一になってやる!」

フリーザ「は、はぁ......」

コルド「ま、まぁ......頑張って」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/11(金) 01:27:36.98 ID:MwtOw3CRo


クウラ「しかし、どんな店にすべきか......」

クウラ「サウザー、お前の意見を聞こう。お前たちはなにをよく食べる?」

サウザー「はっ、我々三人は、よくステーキを食べに行きますが......」

クウラ「ほう......」

サウザー「血のしたたるようなステーキを、我々のような戦士は好みますから......」

クウラ「――それだ!」

3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/11(金) 01:29:49.22 ID:MwtOw3CRo


―ステーキハウス―

クウラ「へい、らっしゃい!」

フリーザ「ほっほっほ、開店おめでとうございます」

コルド「さっそく食べにきたぞ」

フリーザ「あ、これ、開店祝いの花です」スッ

クウラ「あ、どうも」

クウラ「オレのエネルギー波で焼いたステーキ......」

クウラ「さあ、食ってくれ!」

続きを読む