ベジータ「なにい!? 道路が陥没しただと!?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/08(火) 20:18:14.19 ID:Eg2aJ+dQo


カプセルコーポレーション――

ブルマ「うん......西の都でも特に大きい道路だから、困ってる人も多いみたい」

ベジータ「くそったれ~!」

ベジータ「だったらこのベジータ様が、道路の陥没をなんとかしてやるぜ!」

ブルマ「あんたが? 大丈夫なの?」

ベジータ「トランクスが穴に落ちてケガでもしたら、大変だからな」

ブルマ「トランクスなら空飛べるし、もし落ちても傷一つ負わないと思うけどね......」

ベジータ「行ってくる!」バシュッ


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/08(火) 20:20:46.44 ID:Eg2aJ+dQo


現場――

ザワザワ... ガヤガヤ...


ベジータ「ここか......」スタッ

ベジータ「どれどれ......」

ベジータ「ちっ、本当に陥没してやがるぜ」

ベジータ「穴に落ちた奴がいないのが不幸中の幸いってところか」

3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/08(火) 20:23:12.65 ID:Eg2aJ+dQo


ベジータ「はあっ!」ボウッ

キャーッ! ナンダナンダ...?

ベジータ「今からここら一帯はこのベジータ様のものだ!」

ベジータ「貴様らザコどもは近寄るんじゃないぜ! 分かったな!」

ハイッ! ワカリマシター!

ベジータ「ふん......これで邪魔は入らないな」

4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/08(火) 20:25:52.25 ID:Eg2aJ+dQo


ベジータ「さっそく修復開始だ!」

ベジータ「まずは、この穴をどうにかして塞がないとな!」

ベジータ「これだけでかい穴は、でかい岩で埋めちまうのが手っ取り早いだろう」

ベジータ「西の都から少し飛べば、荒野があるはず」

ベジータ「そこにある岩を、この穴に入れてやれば陥没を塞げるはずだ!」

続きを読む