SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

妹「お兄ちゃん、今日も頼めるかな……?」兄「分かった」

2016年11月05日

転載元:



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 22:35:20.90 ID:UKMsU/XSO


夜遅く、日付が変わろうとする時刻に妹が兄の元を訪れる
兄妹は名家の生まれであったが、とある理由で兄だけが本宅ではなく離れで暮らしていた

妹「お兄ちゃん……また頼みたいの……」

兄「いいよ」

パジャマ姿で俯きながら妹は願いを口にする
兄は笑顔で妹の願いを受け入れた

兄「……」

妹「……」

無言で服を脱ぎ捨てた兄は全裸で妹の前に立つ
その体は鍛えられ引き締まっていたが所々に痣ができていた

妹「痣……残ってるね……」

兄「まだ一週間しか経ってないからな……」

妹が痣に触れると兄が少し顔を歪める

妹「……痛い?」

兄「……少しだけ」

妹「そう……痛いんだ……」

その言葉を聞いた妹の顔に笑みが広がる
兄もまた笑顔で妹の顔を見ていた




























2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 22:36:37.69 ID:UKMsU/XSO


妹は痣に触れている指に力を込める

兄「うっ!!」

触れただけで痛みを感じる箇所を押された兄はたまらず声を上げた

妹「うふふっ……」

苦痛の声を聞いた妹は拳を握ると痣の残る場所に叩きつけた

兄「ぐぁっ!!」

妹「痛い……?」

妹「ねぇ……痛いよね……?」

兄「……大丈夫だよ」

痛みを堪えながら兄が微笑む

妹「そう……じゃあ……本気でいくね?」

薄笑いを浮かべながら妹が構えをとった
妹は護身術として空手や柔道などの格闘技をいくつか学ばされている
その為、小柄ながらその攻撃は兄の体に確実にダメージを与えていった

兄「うっ…くっ……」

妹「……あはっ♪」

嬉々として兄に打撃を加える妹
兄はその攻撃に耐えながら激しい罪悪感に苛まれていた

兄(ごめんな……俺の……俺のせいで……)

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 22:37:41.02 ID:UKMsU/XSO


名家の跡取りとして生まれた兄は幼い頃から厳しく教育されていた
一般的に見れば優秀な兄も両親にすれば不出来な子
例えばテストを一問間違えただけで激しい折檻を受けていた

兄(くっ……俺のせいで……お前まで……)

今から6年前、兄は中学一年の時に逃げ出した
わざと悪い点数を取り続け、両親を失望させる事で期待から逃げ出した

兄(あの時……俺が……)

まだ幼かった兄は気づかなかった
両親が求めていたのは優秀な跡取り
それは長男でなくてもよかった事に

兄(もっと早く……気づいていれば……)

親の期待は兄から妹に移った
そして、不幸な事に妹は兄以上に優秀だった

兄(お前は……俺の代わりに……)

妹に打ちすえられる兄の目には痛み以外の涙が浮かんでいた

続きを読む

関連のSS

6pt
A Rabbit's Life (オリジナル百合)【後編】
7pt
A Rabbit's Life (オリジナル百合)
39pt
妹「あ、お兄ちゃん…起きた?」
32pt
姉(28)「ねぇ弟、大事な話があるの」弟(18)「大事な話?」
13pt
天秤(オリジナル百合)
32pt
姉「あんたのせいだからね!」
62pt
妹「くすくす、私はお風呂に入りますよ兄さん」兄「いってら」
36pt
兄「これからチョコ作り?」妹「うん、兄貴も手伝ってね」
34pt
妹「ごめんなさい…お兄さんのお布団で…おねしょしてしまいました…」
44pt
妹「こらーッ!起きろーッ!起きないとセーエキ絞りとるぞーッ!」俺「ムニャムニャ!うーん!」
32pt
男友達「ゲームのようにラブコメ主人公は操作できない…か…」
13pt
ホラーゲーム中の俺「」ガクブル 姉「」太ももツマミー
22pt
妹「寛容な人が不寛容に対して寛容でないのは矛盾している!」
13pt
ぼく「俺ちょっと出かけるけどパソコン勝手に触んなよ」妹「うん!!わかったー」
16pt
姉「映画見たい」俺「そうか」 姉「一緒に行こう」俺「いやだ」
19pt
姉「映画見たい」俺「そうか」姉「一緒に行こう」俺「いやだ」
19pt
俺「うわっ!妹が死んでる!」妹「ざんねーん!生きてました!ドッキリでーす!」俺「おい…おい妹しっかりしろおおおお」妹「…あれ?」
29pt
兄「おかえり」 妹「ただいまぁー…って、兄貴なんでうちの部屋におっと!?」
13pt
ヒーローとその姉(オリジナル百合)
22pt
妹「トイレついてきて」 俺「一人で行けよ」