SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

兄「妹コキしてください」妹「は?」【後日談】

転載元:



関連記事

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/12(水) 13:41:44.13 ID:f6eABAYO0


『数日後』

兄「ああ…妹ちゃん手。やわらかくて気持ちいい」

妹「ふーん。あ、そ」ゴシゴシ

兄「た、玉の方も優しく揉んで…?」

妹「ちっ」ムニムニ

兄「…っ」ビクビク


妹(あつ。なんかずっしりしてるし…ここであのキモいのが作られてるんだ)

妹(毎朝毎朝ホント飽きないなー。そんなにいいの?手で擦られるのが)




























39: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/12(水) 13:48:31.48 ID:f6eABAYO0



兄「ああ!イクっ!顔に掛けるよ!」

妹「は?ち、ちょっと待…!」

どくっ…どくっ
びゅるっ…どぷっ

妹(…っ、うえっ!キモい!こいつ私の顔にぶっかけて…!)

兄「はあ…。あひ…気持ちいい」ドプドプ

どぷっどぷっ…
びゅるっびゅるっ…

妹「げほっ…あんた、あとで…うえ!」ベチャベチャ

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/12(水) 13:54:36.30 ID:f6eABAYO0



妹「…」ドロッ

兄「お、おふ…」

兄(妹ちゃんの顔面が精液パックみたいに…!)


妹「これから学校あんだけど…何か言うことは?」

兄「写真取っていいですか?」

妹「…」ブチ

バキッ

妹「お風呂入ってくる!もう五千円多く用意しとけクソ野郎!」

兄「」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/12(水) 14:09:29.94 ID:f6eABAYO0


『中学校』

妹「…」

妹(あいつこの頃調子に乗ってるなあ…)

妹(毎朝一万で手で抜いてあげてるけど、最近は朝だけで3発くらい手の中に出してくるし…。酷い時は顔や髪にぶっかけてくるようになった。未だに夜這いぶっかけも仕掛けてくるし!)

妹(その分お金が入ってくるから我慢してやってるけど…。あいつの貯金をこのまま奪ってやろうか)


妹友「妹ちゃーん!お昼ご飯食べよー!」

妹「んー。了解。…そうだ、今日もご飯奢ったげる」

妹友「!ホントに!?助かるよー、うちパンしかないし…」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/12(水) 14:20:18.46 ID:f6eABAYO0



妹友「妹ちゃん、最近お金の羽振りいいよね?なんかアルバイトでも始めたの?」モグモグ

妹「うーん。そんなとこかな?大変といえば大変だけど金の身入りはいいからね」

妹(生理的嫌悪が半端ないくらいか…未だにあの感触には慣れないなー)

妹友「あ、そうだ!よかったらそのアルバイト紹介してくれない?」

妹「え゛?」

妹友「正直お金に困ってるし、妹ちゃんと一緒なら楽しそうだしね!」

妹「う、うーん。やめたほうがいいかも…」

続きを読む

関連のSS

6pt
A Rabbit's Life (オリジナル百合)【後編】
7pt
A Rabbit's Life (オリジナル百合)
39pt
妹「あ、お兄ちゃん…起きた?」
32pt
姉(28)「ねぇ弟、大事な話があるの」弟(18)「大事な話?」
13pt
天秤(オリジナル百合)
32pt
姉「あんたのせいだからね!」
62pt
妹「くすくす、私はお風呂に入りますよ兄さん」兄「いってら」
36pt
兄「これからチョコ作り?」妹「うん、兄貴も手伝ってね」
34pt
妹「ごめんなさい…お兄さんのお布団で…おねしょしてしまいました…」
44pt
妹「こらーッ!起きろーッ!起きないとセーエキ絞りとるぞーッ!」俺「ムニャムニャ!うーん!」
32pt
男友達「ゲームのようにラブコメ主人公は操作できない…か…」
13pt
ホラーゲーム中の俺「」ガクブル 姉「」太ももツマミー
22pt
妹「寛容な人が不寛容に対して寛容でないのは矛盾している!」
13pt
ぼく「俺ちょっと出かけるけどパソコン勝手に触んなよ」妹「うん!!わかったー」
16pt
姉「映画見たい」俺「そうか」 姉「一緒に行こう」俺「いやだ」
19pt
姉「映画見たい」俺「そうか」姉「一緒に行こう」俺「いやだ」
19pt
俺「うわっ!妹が死んでる!」妹「ざんねーん!生きてました!ドッキリでーす!」俺「おい…おい妹しっかりしろおおおお」妹「…あれ?」
29pt
兄「おかえり」 妹「ただいまぁー…って、兄貴なんでうちの部屋におっと!?」
13pt
ヒーローとその姉(オリジナル百合)
22pt
妹「トイレついてきて」 俺「一人で行けよ」