梨子「じゃあ、そろそろ結婚……します?///」鞠莉「は、はい///」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/10/04(火) 14:27:26.39 :jSA0jAxfO

梨子「ああもう......///結局鞠莉さんから言わなかったじゃないですか!!///」

鞠莉「そ、ソーリー......///」

梨子「鞠莉さんが勇気を出したのは、告白してきたときが最後ですよ!!///」

鞠莉「そうね......///」

梨子「初めてデートに誘ったのも、手を繋いだのも、キッ、キキ......キスしたのも......//////ぜーんぶ私からでした!!//////」

鞠莉「~//////」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/10/04(火) 14:36:45.21 :jSA0jAxfO

梨子「まったく......///まあ、私が待つことが出来なかったのが悪いんですけど......」

鞠莉「そっ、そうよ!///梨子がグイグイくるから!///だから私が積極的になれなくて......///」

梨子「人を肉食系扱いしないでください!!私の前だととたんに借りてきた猫みたいになるくせに!なにを人のせいにしてるんですか!!」

鞠莉「Oh......///」

梨子「プロポーズだって......待って待って待って......ずぅ~っと待ってたのに!!私は鞠莉さんからしてほしかったんですよ?///」

鞠莉「わかってるわよぉ......///」

梨子「陰でコソコソ壁クイの練習もしてたくせに!!」

鞠莉「見てたの!?///」

梨子「同じ家に住んでるんだから見ますよ!!///」


続きを読む