劇場版名探偵コナン 聖夜の約束(スウェアー)


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/05(月) 16:52:37.48 :XQ8AHWUO0

―1年前、甘木シティリゾートショッピングモール―

マッカナオハナノ~テレテレテッテッテ~♪

バーーーローー「ハァハァ・・・悪い蘭!遅れちまって・・・」

蘭「バーーーローー!ううん、私も今来たところだから・・・大丈夫?顔真っ赤よ!?」

バーーーローー「ああ、走ってきたからな・・・ハァハァ・・・ん?もう何か買ったのか??」

蘭「うん、お父さんとお母さんに!ペアのマグカップよ」

バーーーローー「相変わらずそういうの好きだなー、おめぇ」

蘭「良いでしょ、可愛かったんだからー、あ!もうこんな時間!」

バーーーローー「ん?何かあるのか?」

蘭「クリスマスツリーが点灯するのよ!見に行こう!」

バーーーローー「ああ、あのでっけーやつか・・・確かこの甘木リゾートが開業した時からのシンボルマークで...」

蘭「もーバーーーローー、置いてっちゃうよー!」

バーーーローー「あ、おい待てよ蘭!」

蘭「早くー!・・・ん?わあ、雪だ!」

バーーーローー「本当だ、初雪だな!」

蘭「綺麗・・・」


リンリンリン~♪


ドゥルルルルンドゥルルルルンジャンジャン テレレッテテテテテ

テーレーテーテレー テーレーテーテレー テーレーテーテレレ テレレレー
テレレーレー テレレーレーレレー♪


―劇場版名探偵コナン 聖夜の約束(スウェアー)―


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/09/05(月) 16:53:02.34 :XQ8AHWUO0

俺は高校生探偵、工藤バーーーローー。幼なじみで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行って、 黒ずくめの男の怪しげな取り引き現場を目撃した。
取り引きを見るのに夢中になっていた俺は、背後から近付いて来るもう一人の仲間に気付かなかった。俺はその男に毒薬を飲まされ、目が覚めたら・・・

体が縮んでしまっていた!

工藤バーーーローーが生きていると奴らにバレたら、また命を狙われまわりの人間にも危害が及ぶ。
阿笠博士の助言で正体を隠すことにした俺は、蘭に名前を聞かれてとっさに江戸川コナンと名のり、奴らの情報をつかむために父親が探偵をやっている蘭の家に転がり込んだ。

ところがとんだヘボ探偵で、俺は時計型麻酔銃でおっちゃんを眠らせ、蝶ネクタイ型変声機を使って、おっちゃんの声でかわりに事件を解いている。
この二つのメカは、阿笠博士の発明品だ!博士は他にも・・・ターボエンジン付きスケー ドボードや、犯人追跡メガネ、キック力増強シューズなど次々とユニークなメカを作り出してくれた!

俺の正体を知っているのは、博士のほかにもいる。俺の父さんと母さん、西の高校生探偵、服部平次、それに同級生の灰原哀・・・。
彼女は黒ずくめの男の仲間だったが、組織から逃げ出す際、俺が飲まされたのと同じ薬を飲んで体が縮んでしまった。
黒の組織の正体は、依然として謎のまま・・・。

小さくなっても頭脳は同じ!迷宮なしの名探偵!真実はいつもひとつ!


続きを読む