SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

姉「私の妹が可愛すぎる」

2 :

以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/01(木) 16:30:06.59 ID:shOMk3iF0

姉「んふふ~」

幼馴染「……何スマフォ見つめてニヤニヤしてるのよ」

姉「ほら、今朝の妹ちゃんの寝顔写真!」

幼「うわあ……」

姉「可愛いよねぇ……」

幼「アンタのシスコンっぷりには毎日ドン引きさせられるわ……」

姉「幼ちゃんは可愛いと思わないの? こんなに可愛いんだよ? ほらほら」

幼「確かに可愛いとは思うけど……断りもなくそんなの撮ってたら、きっと怒るわよ」

姉「だってお願いなんてしてもぜったい撮らせてくれないし」

幼「当たり前でしょう。 誰だって寝顔を撮られるのなんて嫌に決まってるわ」

姉「えー……だって、可愛いじゃん……」

幼「可愛いから撮ってもいい、なんて免罪符はないわよ」

姉「幼ちゃんはいっつも正論ばっかり言う……」

幼「そのうち妹に愛想つかされるわよ?」

姉「うう……でも、今朝の妹ちゃんの寝顔は今朝にしか見られないんだよ? それなら、写真に撮っていつでも見られるようにするべきだと思う」

幼「意味が分からないし、そもそもどうしてそこまであの子の寝顔に執着してるのよ……」

姉「ほらほら! 昨日のとか、一昨日のとか! ほんっとスマフォって便利だよね! こんなに高画質!」

幼「アンタみたいなのを見てると、本当にスマートフォンってこの世に出回ってはいけなかったデバイスなんだなって思えるわ……」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/01(木) 16:31:26.71 ID:shOMk3iF0

―――――――――――――――――――――――


姉「おはよ~……?」


朝。
妹ちゃんを起こす30分くらい前に、私は妹ちゃんの部屋に入る。


姉「……ぐっすり寝てる」


すやすやと寝息をたてて、妹ちゃんはベッドで眠っている。
ベッドにそろりそろりと近付いて、しゃがんでスマフォを取り出す。


姉「うん……今日も天使……」


天使の寝顔を画面に捉えて、シャッターボタンを押した。


姉「よしよし……」


妹ちゃんを起こす時間まで、あと30分もある。
その間、妹ちゃんの寝顔を眺めているのが私の日課だった。


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/01(木) 16:32:22.65 ID:shOMk3iF0

姉「ふふ……」


ベッドの脇に両腕を置いて、顎をのせる。
天使の寝顔が目の前に。


姉「つんつん……ぷにぷに……」

妹「んん……」


柔らかな妹ちゃんの頬を、撫でたりつついたり。
髪の毛の間から出てる耳を触ってみたり。


妹「ん……や……」

姉「ふふふっ……かーわいい……」


妹ちゃんの頭を撫でて、寝顔を眺め続ける。
ふと時計を見たら、そろそろ妹ちゃんを起こす時間になっていた。


姉「妹ちゃん、朝だよ」

妹「んん……?」


つんつんと頬をつついて、声をかける。


続きを読む

関連のSS

37pt
妹「あ、お兄ちゃん…起きた?」
32pt
姉(28)「ねぇ弟、大事な話があるの」弟(18)「大事な話?」
12pt
天秤(オリジナル百合)
33pt
姉「あんたのせいだからね!」
61pt
妹「くすくす、私はお風呂に入りますよ兄さん」兄「いってら」
39pt
兄「これからチョコ作り?」妹「うん、兄貴も手伝ってね」
33pt
妹「ごめんなさい…お兄さんのお布団で…おねしょしてしまいました…」
43pt
妹「こらーッ!起きろーッ!起きないとセーエキ絞りとるぞーッ!」俺「ムニャムニャ!うーん!」
33pt
男友達「ゲームのようにラブコメ主人公は操作できない…か…」
13pt
ホラーゲーム中の俺「」ガクブル 姉「」太ももツマミー
22pt
妹「寛容な人が不寛容に対して寛容でないのは矛盾している!」
16pt
ぼく「俺ちょっと出かけるけどパソコン勝手に触んなよ」妹「うん!!わかったー」
16pt
姉「映画見たい」俺「そうか」 姉「一緒に行こう」俺「いやだ」
19pt
姉「映画見たい」俺「そうか」姉「一緒に行こう」俺「いやだ」
19pt
俺「うわっ!妹が死んでる!」妹「ざんねーん!生きてました!ドッキリでーす!」俺「おい…おい妹しっかりしろおおおお」妹「…あれ?」
32pt
兄「おかえり」 妹「ただいまぁー…って、兄貴なんでうちの部屋におっと!?」
13pt
ヒーローとその姉(オリジナル百合)
22pt
妹「トイレついてきて」 俺「一人で行けよ」
6pt
兄「俺は、兄。しがない兄さ」弟「しがない兄ってなんだよ」
19pt
兄(11)「サンタさんじゃよ~」 妹(8)「うわぁ~ちっちゃいサンタさんだ!」