兄『俺ジジッ死んだら、どう思う?』妹「死なないから」


関連記事:
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 00:32:45.05 ID:Qk8vzlUgO

『ジジジジ───ガガッッ...』

妹「ねえ、聞こえてる? ねってば、兄貴ってば」

『ザザザザザ』

妹「......、わかんない全然聞こえないもん。それよりも一ヶ月も帰ってこないからお母さん激怒ってたから」

妹「三日間ぐらい晩飯抜き、覚悟してたほうが良いかもね」

妹「それじゃあ切るよ。授業始まっちゃう」


ぴっ


妹「ふぅー、今の今までなにをしてたんだか」

妹(あ。ひこうき雲だ...)ぼー


~~~


『───ハラショー! なんとか日本の空域圏内に食い込んだぞモンスター!』

『良いか? 私達が乗っているのはSu-35、ステルス機能無しの第4.5世代と呼ばれるジェット戦闘機だ!』

『高い機動性と最新の電子機器で、手放し運転だってお茶の子サイサイだぜ!』


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/05(土) 00:35:22.61 ID:Qk8vzlUgO

『おっと! 怯えるなって、んな馬鹿なことはしない! ただし聞いてくれ、この戦闘機を選んだのには理由がある!』

『Su-35は西側じゃトップクラスの性能だ! 実に快適に飛行は実行される!』


『───まぁ“本物”はそうなんだけどな』


『ん。あれだ、お前は私達の軍にとっちゃ英雄と呼んでも相応しい実績を残してくれた...』

『感謝してもしきれない...まさか生身で宙に飛び出して【BOGEY】を吹っ飛ばした時は度肝を抜かれたもんだよ...』

『ま! でもそれはそれだ! こちとら日本に来るだけですっげー国際情景かっとばして来ちゃってるからな!』

『あはははは! それもモンスター、お前が学校に早く行きたい。なんてお上に言うからだぜ!?』

『こっちはジャパニーズが取り込んだE-2C、E2Dでカッとんで来るF15にグッバイさよならなんだ! 超こえーよどうしてくれるー!』

『だからパチもん乗り込んでチャイニーズに偽装したボギーでやってきたってわけだ! おっと、おしゃべりが過ぎたな!』


パチン


『ポストストールマニューバァアアア! クルビット! モンスター、絶対に吐くなよ!!』

『おひょー! 知らない空でやっていいモンじゃねーな! 心臓が幾つ合ってもたりねーよ!』

『...これで私の願望は叶えられたぜ。ここまで無茶してモンスター、アンタを連れてきたかいがあったもんだ! やべぇちょうたのちぃいいい』


続きを読む