梨子「クラゲじゃあるまいし」


1: ◆hxGgtPv0f. 2016/07/22(金) 18:23:52.89 ID:N7BH6Wdqo

海でクラゲをつかまえた。
本当は逃がしてもよかったのだが、バケツに入れて持ち帰ることにした。
突然クラゲを飼い始めた私に、家人は困惑した。

「よりにもよって、どうしてクラゲなんて飼おうと思ったの?」

「......わかんない」

私の心はクラゲのように脆いので、私でさえも触ることはできない。
だから私は、私の心をせめてこの目で見たいと思い、それをクラゲに仮託したのだ。

「よろしくね」

私の声を聞くと、クラゲの傘が、嬉しそうにフワリと膨らんだ。
名前は何にしようかな。
クラゲの英名は......ジェリーフィッシュだったかな、たしか。

「ジェリーちゃん」

こうして、ジェリーちゃんと私は友達になった。
内浦に越して間もない私にできた、初めての友達だった。


2: ◆hxGgtPv0f. 2016/07/22(金) 18:24:27.31 ID:N7BH6Wdqo

そこで私は、親愛なるジェリーちゃんの飼育に全力を尽くすことにした。
エアポンプを設置し、人工海水を作ってこまめに水を換えた。
水温計を見て、温度調整にも細心の注意を払った。

3: ◆hxGgtPv0f. 2016/07/22(金) 18:25:19.26 ID:N7BH6Wdqo

生き物を飼うのに消極的だった私が、どうしてここまでクラゲの飼育に情熱を傾けたのか、今でもよく分からない。
おそらく当時の私は、自分の世界を無くしてしまって、それを一から創造せねばならないところまで追い込まれていたのだ。

4: ◆hxGgtPv0f. 2016/07/22(金) 18:25:59.99 ID:N7BH6Wdqo
続きを読む