SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

幼馴染「ボクだって女の子らしい格好したら可愛いんだからな」【第四話~六話】

転載元:



関連記事

122: ◆PPpHYmcfWQaa 2016/03/01(火) 21:50:54.13 ID:B8s60EJWo


 

第四話<お泊り>


幼馴染「アッキー〜?」

男「なんだよ」

近頃ナツキは俺のことをアッキーと呼ぶようになった。
それは俺たちがまだ幼い子供だった頃の懐かしい呼び名だ。
もうナツキくらいしか覚えていないだろう。


幼馴染「ねー、あった?」

男「んー…いま探してるだろ」

幼馴染「氷準備できてるよ〜〜」

男「わかってる…去年どこにしまったかな」

扇風機にひきつづき、ナツキに出せ出せとせがまれたのはかき氷機。
確かペンギンのような生き物の頭に取っ手のついた形をしていたはずだ。


男「あれぇ、ないんだよ何故か」

幼馴染「なんで?」

男「いつもならこの辺りの棚にしまってるんだけど」

幼馴染「まだかなまだかな。シロップ何味にする?」

男「実はそれ、色は違っても味は全部同じらしいぞ」

幼馴染「え〜〜? これどうみてもメロンじゃん。メロンって書いてあるし」ペロ

男「まじまじ。ほんとに見た目の思い込みで味がかわるらしい。人間の脳みそって適当だよな」

幼馴染「ふ〜ん?」

ナツキの声はどうにも訝しげだ。
振り返るとスプーンに2種類のシロップを交互に垂らして怪訝な表情で味を比べていた。
俺もTVでやっていた実験の受け売りでしかないので、いま家にあるシロップ達が本当のそうなのかどうかは正直わからない。




























123: ◆PPpHYmcfWQaa 2016/03/01(火) 21:52:32.31 ID:B8s60EJWo



幼馴染「それよりかき氷探してよ!」

男「あぁそうだった」

去年の記憶を辿ってみる。
たしか去年もナツキが使うからと物置から出して、何度かかき氷をつくって、最後は……。

男「あーー、お前がぶっ壊したんじゃねぇか!」

幼馴染「え゙……え〜? そうだっけ…」

男「お前ぇぇ! 勢い良くやりすぎてペンギンの頭のぐるぐるバー壊したろ」

幼馴染「……そうだったかもしれない…」

幼馴染「あれ、でもアッキー簡単に直せるって言って…」

男「……」

その時のナツキがあまりにしょげた顔で謝るものだから、
そんなものすぐ直せる、俺に任せろ、と安請け合いして慰めたことも思い出した。

結局そのシーズンはもうつかわないからと修理を先延ばしにして今年の夏を迎えている。


男「悪い…壊れたままだ」

幼馴染「…ボクもごめん」

男「よ、よしじゃあもう出かけるか。かき氷器は新しいの買おうぜ」

幼馴染「そうだね。ボク縁側の戸閉めてくる!」

続きを読む

関連のSS

男「なぁ、幼馴染」幼馴染「何よ?」
66pt
幼馴染♀「なんか可愛い悪魔の女の人に言われて『堕落神』って神を崇めたら淫魔になったんだぁ♥」
44pt
幼馴染「それでボクを頼ってきたの?めんどくさいなあ」【後編】
37pt
男「僕、寝取られモノの主人公なんだ」
47pt
女「おい変態!」 幼馴染「……女のブラウス」スーハー
116pt
幼馴染(6)「大きくなったらけっこんしようね!」
23pt
男「幼馴染が塩対応すぎるから>>5する」幼馴染「…」
84pt
男「お前のこと好きなんだけど付き合う?」 女幼馴染「いいですよ」※03/10 07:00おまけ追記
34pt
幼馴染「私のどこを好きになったの?」男「お○ぱい」
13pt
幼馴染「り……」
22pt
男「今日こそ!!幼馴染の靴下を!!!!」ガラララッ!
16pt
幼馴染の父「うわー、変質者だー」(棒読み) 男の父「うっせ!」
16pt
幼馴染「あんたってホント、サッカー馬鹿だよねー」サッカー部員「マイボ!」
35pt
幼馴染「私のおっぱい揉みなさいよ!Gカップだよ!」
35pt
幼馴染女(12歳・152cm)「君って男のくせに弱すぎwwww」 僕(12歳・142㎝)「うう…」
男「チンコが……ついてないだと?」幼「そりゃあ女ですからね」
男「チンコが……ついてるだと?」幼「そりゃあ男ですからね」
19pt
女「チソコが……ついてないだと?」幼「そりゃあ女ですからね」
93pt
幼馴染(18)「あーそろそろ彼氏ほしーなぁ…」チラッ
6pt
幼馴染み「うるさい!!」女「放送部ですから‼」