SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

幼馴染「ボクだって女の子らしい格好したら可愛いんだからな」【第一話~三話】

転載元:



1: ◆PPpHYmcfWQaa 2015/12/18(金) 21:53:43.65 ID:DHvX2/n/o




幼馴染「ボクだって女の子らしい格好したら可愛いんだからな!!」

男「へぇ。それは初耳だなぁ」ペラッ

幼馴染「ほんとなんだよ?」

男「へぇー。いま漫画読んでるから話しかけないで」

幼馴染「なんだよー。そんな雑誌のグラドルよりずっとずっと」

男「そうですかぁ」ペラッ

幼馴染「あーーー馬鹿にしてるなー!」

男「だってお前が女の格好してるとこなんて見たこと無いし、想像もできない」ペラッ

幼馴染「今もおしゃれな可愛い格好してるよ?」

男「年頃の女が男の部屋にジャージで上がり込むなんて信じられない」ペラッ ペラッ

幼馴染「えへへ、このジャージね、しま○らで2980円だったんだ。結構かわいいでしょ?」

幼馴染「動きやすいし、よく風を通して涼しいし、サイコーだよ」

男「はぁ…」




























2: ◆PPpHYmcfWQaa 2015/12/18(金) 21:56:43.64 ID:DHvX2/n/o



幼馴染「こっち見てよ。ほらほら〜」

男「…」チラッ

男「…ふぁぁ」ペラッ

幼馴染「どう? ど?」

男「ジャージ、だな。普通の」

幼馴染「はぁ〜ボクは気に入ってるのになー、女の子らしいオレンジ色のラインの入った奴にしたのに」

男「女の子らしいって何だよ。人の布団の上であぐらかく女がいるかよ」

幼馴染「はぁ〜〜、そんなのキミの価値観でしょー」ゴロン

男「人の布団の上に勝手に寝転ぶ女がいるかよ!」

幼馴染「だってキミがずっと雑誌読んでると暇なんだもーん」ゴロゴロ

男「あぁもう! 降りろ降りろ! それと俺の熊を抱くな!!」

幼馴染「抱きまクマだよ。抱くためにあるんだよ?」

3: ◆PPpHYmcfWQaa 2015/12/18(金) 21:58:28.38 ID:DHvX2/n/o



幼馴染「クマゴローは優しいね…ボクのこと可愛いって言ってくれる」ギュッ

幼馴染『ナツキちゃんはかわいいクマ。ジャージも似合ってるクマー』

幼馴染「わークマゴロー! うれしー」スリスリ

男「臭いをつけるな!!」

幼馴染「昔ボクがあげたんだからボクのものでもあるでしょ。ねー?」ギュー

幼馴染『そうだクマー』

幼馴染「ん…なんかキミの臭いする」

男「…ッ! 返せ! だいたいそのクマーって語尾は不自然だろ」バッ

幼馴染「……熊の鳴き声なんてしらないし」

男「暇ならクラスの女子とでも約束して遊んでたらいいだろ」

幼馴染「……」

男「なんで休日なのに朝っぱらからいちいち俺の家に来るんだよ」

幼馴染「だって昔からの習慣だし…?」

男「……」

幼馴染「暇なんだもん?」

男「聞くな。お前はいまだに一緒に遊ぶクラスメートもいないのか…クラス替えしてもう3ヶ月以上たつんだぞ。夏だぞ!」

幼馴染「ねぇ久しぶりにキャッチボールしよ♥」ムクリ

男(話逸らしたな)

続きを読む

関連のSS

男「なぁ、幼馴染」幼馴染「何よ?」
66pt
幼馴染♀「なんか可愛い悪魔の女の人に言われて『堕落神』って神を崇めたら淫魔になったんだぁ♥」
44pt
幼馴染「それでボクを頼ってきたの?めんどくさいなあ」【後編】
37pt
男「僕、寝取られモノの主人公なんだ」
47pt
女「おい変態!」 幼馴染「……女のブラウス」スーハー
116pt
幼馴染(6)「大きくなったらけっこんしようね!」
23pt
男「幼馴染が塩対応すぎるから>>5する」幼馴染「…」
84pt
男「お前のこと好きなんだけど付き合う?」 女幼馴染「いいですよ」※03/10 07:00おまけ追記
34pt
幼馴染「私のどこを好きになったの?」男「お○ぱい」
13pt
幼馴染「り……」
22pt
男「今日こそ!!幼馴染の靴下を!!!!」ガラララッ!
16pt
幼馴染の父「うわー、変質者だー」(棒読み) 男の父「うっせ!」
16pt
幼馴染「あんたってホント、サッカー馬鹿だよねー」サッカー部員「マイボ!」
35pt
幼馴染「私のおっぱい揉みなさいよ!Gカップだよ!」
35pt
幼馴染女(12歳・152cm)「君って男のくせに弱すぎwwww」 僕(12歳・142㎝)「うう…」
男「チンコが……ついてないだと?」幼「そりゃあ女ですからね」
男「チンコが……ついてるだと?」幼「そりゃあ男ですからね」
19pt
女「チソコが……ついてないだと?」幼「そりゃあ女ですからね」
93pt
幼馴染(18)「あーそろそろ彼氏ほしーなぁ…」チラッ
6pt
幼馴染み「うるさい!!」女「放送部ですから‼」