紅莉栖「――勘違いすんなぁーっ!!」

1: ◆.ATzfkBQdg 2016/07/20(水) 22:51:56.49 ID:z2YOsy4mo

[どこかの世界線のラボ]


岡部「比屋定? 誰だそれは」

紅莉栖「私の先輩よ。脳科研の」

岡部(ヴィクコンか......)

岡部「その比屋定某とやらが、狂気のマッドサイエンティストに心酔したため帰国できなくなった助手を迎えにくる、と?」

紅莉栖「誰も貴様に心酔などしとらんわ」


2: ◆.ATzfkBQdg 2016/07/20(水) 22:54:13.73 ID:z2YOsy4mo


紅莉栖「先輩、飛行機の関係で、到着はお昼前になるって」

紅莉栖「怒られるでしょうね......。本来やるべき研究をほっぽって、こんなお遊びサークルに入り浸ってるんですもの」

岡部「とか言いながら、嬉々として新たなガジェット制作を始めたツンデレ少女はどこのどいつだ」

紅莉栖「ツンデレ違う! ......確かにここでの生活は、どういうわけか居心地いいけど」ボソッ

紅莉栖「まあでも先輩って、一度決めたら引かないタイプだから、間違いなく私は強制送還される」ハァ

岡部「ククク、この鳳凰院凶真に挑もうとは、いい度胸だ」

紅莉栖「岡部が先輩に勝てるとは思えないけど」

紅莉栖(あの人、舌戦だけは強いのよね)

岡部(まさか、超絶スーパーなムキムキタフガイだったりするのか......?)アセッ


3: ◆.ATzfkBQdg 2016/07/20(水) 22:55:22.08 ID:z2YOsy4mo


岡部「その先輩とやらは、どんな人物なのだ?」

紅莉栖「えっ? そうねぇ......一途な人、かな」

岡部(い、一途......?)ドクン

紅莉栖「何事にも真摯に向き合って、少しでも疑問があれば、自分で納得するまで諦めない人、って感じかしら」

岡部「ほ、ほう。なるほど、研究熱心ということか」ホッ

紅莉栖「ま、その性格のせいで何度も迫られたわ。衝突したり、喧嘩になったこともあった」

岡部(せまっ!?)ドキドキ

紅莉栖「けど、実験が成功した時は、お互いどちらの研究っていうこともなく、我が事のように喜びあったりした」

紅莉栖「仲直りのコーヒーは、特別な味がしたわ」フフッ

岡部(これは、まさか......いや、やはり......)


続きを読む