岡部倫子「これがシュタインズ・ゲートの選択……!!」【#06】


最初から


一つ前から


357 : ◆/CNkusgt9A - 2016/02/21 22:56:18.78 Hp93MJYeo 882/2638

第11章 境界面上のシュタインズゲート(♀)

2010年8月21日土曜日17時32分
ラジ館屋上


倫子「(屋上へと通じる扉が壊れている......なんだこれ、銃弾の跡か?)」キィ バタン

鈴羽「父さんも呼んでるから! こっちこっち!」

倫子「手を引っ張るなっ! 転んじゃうからぁっ!」トトト

ダル「あ、オカリン! 知らない女から突然電話かかってきて、ここでまゆ氏と待ってたんだけど、どういうことか説明plz!」

まゆり「オカリン! あれって、なにかな......」


プシュー ブォンブォンブォン......


倫子「(エンジンをつけているのか、駆動音が聞こえる......これは、間違いなく)」

倫子「......タイムマシン、だ」

鈴羽「リンリン、正解! さっすがあたしの大好きなリンリン」ダキッ

倫子「リンリンと呼ぶなと......いや、ツッコミを入れている場合じゃないな......」

倫子「オレがα世界線でかつて見た鈴羽のマシンはもっとオンボロに見えた」

倫子「それに、ラジ館の壁に突き刺さってもいない」

倫子「いや、違う。そうじゃない。オレは、この光景を一度見ている......!?」

倫子「(あの時、中鉢の発表会が始まる前――――)」


・・・

続きを読む