男「幼なじみは結構居るもんだよな」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 19:06:04.50 ID:xBTl5gDd0
友「どうした急に」

男「幼なじみが欲しい」

友「あ?」

男「女の幼なじみが欲しい」

友「なんだそれ、彼女とかじゃなくてか?」

男「いや、彼女も欲しい。そう!幼なじみな彼女が欲しい!」

友「今更無理なんじゃねーの?」

男「大丈夫だ問題ない。解決策は既にある」




元スレ
男「幼なじみは結構居るもんだよな」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337681164/




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 19:12:42.89 ID:xBTl5gDd0
男「幼なじみってのは小さい頃仲良かった子とかでも幼なじみらしい」

友「へー、じゃあ小さい頃も仲良かったから俺も幼なじみか」

男「ああ、お前も幼なじみだな。でも俺は女の子の幼なじみが欲しい」

友「それでどうすんの?」

男「良く考えたら昔良く遊んだ女の子は結構沢山居たんだよな」

友「そうだっけか」

男「身近な子なら根暗さんとか地味子さんとか」

友「なんて今一な面子なんだ」




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 19:17:14.28 ID:xBTl5gDd0
友「......え?もしかしてあの子達を狙うの?」

男「ああ」

友「いやいや...あの子達はなんか......あれだろ?」

男「お前根暗さんの顔よく見たことあるか?なかなか可愛いんだぞ」

友「前髪長くてよく見たことないが...」

男「地味子さんも悪くないんだぞ」

友「でもよぉ...」




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 19:22:02.73 ID:xBTl5gDd0
男「お前の彼女選んでる訳じゃないんだし良いだろ」

友「まぁそうだけど」

男「ならば早速アタックしないと」

友「今からかよ」

男「昼は根暗さんは図書室に居るからな!早速行こうぜ!ほら!」

友「俺も行くのかよ」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 19:27:21.41 ID:xBTl5gDd0
図書室

根暗「.........」

男「お...いたいた」

友「俺は離れてるからな......」

男「よし!行ってくる......根暗さんちょっといい?」

根暗「ん...?男くん...?......なに?」

男「いや、久しぶりにお話したいなぁって」

根暗「......久しぶりに?男君と話したの初めてだったと思うけど......」

男「え?あれ?覚えてないかな?昔良く遊んだよね?」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 19:32:15.67 ID:xBTl5gDd0
根暗「.........いつの話?」

男「よっ幼稚園ぐらいの時......」

根暗「......ごめんなさい、ちょっと思い出せない」

男「そ、そっか......」

根暗「.........それだけ?私本読みたいんだけど......」

男「あっああ...ごめん、ちょっと勘違いだったみたいだね...お邪魔しました...」

根暗「.........」




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 19:37:07.58 ID:xBTl5gDd0
友「ぷっ!くっくっく...」

男「笑えよ、友」

友「あーっはっはっはっはっは!!!」

男「そんなに笑うなよ...結構ショックだったんだぞ......」

友「いやー!気まずさ全開だったな!はっはっは!」

男「くっ!こんな筈じゃ無かったのに!」

友「つーかさ?昔過ぎて覚えてねーだろ?俺だって昔遊んだ子なんか覚えてないしよ」

男「まだだ!まだ諦めるには早い!」

男「次は地味子さんだ!」




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 19:40:59.91 ID:xBTl5gDd0
教室

男「いた」

友「でも友達といるぞ?」

男「男は度胸!」

友「行くのかよ.........また離れてるからな」

男「今度は行ける気がするぜ!」

友(厳しいだろ)




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 19:47:23.79 ID:xBTl5gDd0
男「地味子さん!」

地味子「へ?男くん?何か用かな?」

男「いやー地味子と久しぶりにお喋りしたいなぁーって」

地味子「ひっ久しぶりに?あんまり話した事ないと思うけど...?」

男「いっいや、昔良く遊んだよね?(またか!?)」

地味子「え、......あー!幼稚園の時は確かに一緒に遊んでたよね」

男「!...そっ!そうそう!だから久しぶりにお話したいなって......」

地味子「そう考えると久しぶりだね?別に良いけど」

地友「なになに?2人は昔仲良かったんだぁ?」




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 19:52:19.11 ID:xBTl5gDd0
地味子「仲良かったって言う程仲良しでは無かったと思うけど...」

男「そっそうかな?結構遊んだりしてた筈だけど...」

地友「なんか2人の意見が食い違ってるけど?」

地味子「んー...普通の幼稚園のお友達ぐらいには仲良かったかな?」

男「そんな程度......だったかな...」

地友「ふぅん?それで?男君はなんで急に話かけて来たわけ?」

男「え!?そっそれは...」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 20:01:51.48 ID:xBTl5gDd0
男「あっ...昔のアルバム見ててちょっと懐かしくなったから久しぶりに話したいなって」

地友「へー?」

地味子「そういえば幼稚園の頃から一緒の人結構いるよね」

男「そっそうなんだよ!根暗さんとさ」

地味子「あー根暗ちゃんも一緒だったね!委員長さんとかも一緒だったね」

男「そうだっけ」

地味子「あれ?多分一緒だったよ?あとツンデレちゃんとか不良さんとかも」

地友「女の子ばっかりだね?男の子とかいないの?」

地味子「私の彼氏とかも一緒だったよ?あとサッカー部の部長君とか」

男「えっ?地味子さん彼氏いたの?」




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 20:07:34.49 ID:xBTl5gDd0
地味子「うん!幼なじみなんだ!」

男「へっへー......」

地友「あんたら仲良かったもんねー?」

地味子「彼君が告白してくれた時はすっごく嬉しかったなぁ...///」

地友「うわぁ...何回も聞きましたよ!ごちそうさまごちそうさま」

男「らっラブラブみたいだね......」

地味子「うん!今日も帰りにデートなんだ!」

男「へー......」

地友「毎日こんな調子でノロケまくりなんだよ?男君なんとか言ってやってよ!」

男「あっあはは......」




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 20:13:43.69 ID:xBTl5gDd0
男「くそ!くそくそ!!くそ!!」

友「あっはっはっはっは!!」

男「あー...既に幼なじみの彼氏が居るとか誤算過ぎるわぁ......不純だ」

友「いきなり幼なじみの彼女が欲しいから接触しだすお前のが不純だろ」

友「しかも話を聞く限り純愛も純愛のど真ん中だろ」

男「くぅ...羨ましい妬ましい...だがまだ諦めない!地味子さんから違う幼なじみの情報を得た!」

友「まだやんのか...」

男「ツンデレさんも幼稚園一緒だったらしい!だから次はツンデレさんだ!」

友「あの子可愛いけど性格が厳しいだろ」




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 20:19:11.77 ID:xBTl5gDd0
ツンデレ「.........」

男「.........」

ツンデレ「何よ?」

男「えっとー...ちょっとお話したいなぁ?ってー?」

ツンデレ「用があるなら早く言って」

男「特に用があるわけじゃないんだけどぉ...」

ツンデレ「用が無いなら行くわよ?それじゃあね?」

男「まっ!まって!幼稚園!幼稚園一緒だったよね?」

ツンデレ「はぁ?」




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 20:21:44.95 ID:xBTl5gDd0
男「○○幼稚園だよね!?」

ツンデレ「......私○×幼稚園よ?」

男「えぇ?」

ツンデレ「それだけ?」

男「......はい」

ツンデレ「そ、じゃあね」

男「地味子さん......違うじゃん...」




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 20:26:59.72 ID:xBTl5gDd0
友「あははははっ!!イヒヒヒヒ!!」

男「そのまま笑い死ね」

友「あははっ!いやー悪い悪い!!でもよぉ?イヒヒ!」

男「今回は良く調べずにアタックしたのが悪かった」

男「次はまずアルバムをまた確かめてから行こう」

友「え?まだやんの?流石に引くんだが...」

男「だから今日は友も家にこい」

友「はぁ?俺はしらねーよ」

男「お前にも一緒に調べて貰うから!はよ行くぞ」

友「あー...じゃあお前が玉砕するのを見るために手伝ってやるよ」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 20:32:15.80 ID:xBTl5gDd0
友「こいつ隣のクラスのAじゃん」

男「男子の情報はいらない......あっ不良さんだ、これは合ってたか」

友「これ委員長じゃね?」

男「それも合ってたか」

友「お?これ先輩じゃね?」

男「え?どれどれ?」

友「ほら、これ」

男「わかんないな...兄ちゃんのも持ってくるか」

友「え?先輩もマークすんの?」

男「年上の幼なじみもありだろ?」

友「......つーかさ?誰かに絞れよ...」




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 20:35:55.35 ID:xBTl5gDd0
男「幼なじみの女の子でハーレムとか素晴らしいと思わないか?」

友「お前死ねよ」

男「いやいや?俺の幼なじみならお前の幼なじみでもあるんだぞ?」

友「俺はそんなこだわりないから」

男「夢が無い奴だ!!」

友「ハーレムは不純過ぎるだろ......」

男「男の夢だろ!?」




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 20:43:03.52 ID:xBTl5gDd0
友「男子は結構居たな......」

男「男子は良いから...女子は委員長、不良さん、先輩、腐女子さん、デブスさん、女さん位か...」

友「腐女子とデブスは絶対無いな」

男「腐女子さんは可愛いけど?」

友「ホモ好きらしいぞ?」

男「趣味だろ?俺だってレズを見るだけなら好きだわ」

友「えー?まぁ任せるは...」

男「明日が楽しみだぜ!!」




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 20:49:46.48 ID:xBTl5gDd0
根暗「......」

根暗「......」

根暗「......あっ、男くん」

根暗「......結構写真一緒写ってるな...」

根暗「.........仲...良さそう......」

根暗「こんな仲良かったんだ......」

根暗「.........仲良かったのかなぁ...」




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 20:50:45.58 ID:3PTjxJUqi
根暗ちゃんメインヒロインきたか?




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 20:55:51.42 ID:xBTl5gDd0
友「で?今日は誰から玉砕しに行くんだ」

男「まだ玉砕すると決まった訳じゃないだろ!」

友「決まったようなもんだろ...」

男「ちょっと怖いけど不良さんから...」

友「仮にうまく行ったとして時代遅れのスケバンなんか彼女にするの?」

男「別にそこは気にならないし」

友「......少しは気にしろよ...」

男「とりあえず居るところ探さないとなぁ」




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 21:00:10.12 ID:xBTl5gDd0
男「いねぇな...」

友「来てないんじゃねーの?」

男「それはあるか...委員長に変えるか」

友「委員長は良いよなぁ...清楚巨乳とかあれはヤバい」

男「身体が目的とか汚ねぇな...」

友「はぁ?身体も大事な魅力の要素だろぉ?」

男「童貞の俺にはまだ早い段階だ...」

友「童貞だからこそじゃねーのか...?」




50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 21:25:00.46 ID:xBTl5gDd0
委員長「はぁ...はぁ...」

男「おっ?委員長手伝おうか?」

委員長「あっ...男君...悪いけど頼めますか?」

男「任せろ!うぐっ!なっなんだこれ...?」

委員長「中身は書類の束らしいですが...」

男「良く持てたね委員長......」

委員長「慣れですかね......」

男(女の子にこんなくそ重い物運ばせんなよ!糞教師!!)




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 21:30:31.71 ID:xBTl5gDd0
男「はぁ...はぁ......しゃあ!」

委員長「男君ありがとうございます!」

男「ハァハァ...またこんなのあったら言ってくれ...」

委員長「え?でも...」

男「気にしなくて良いからさ」

委員長「じゃっじゃあつらそうな時は頼みますね?」

男「あいよ」

委員長「では私は委員の仕事があるのでこれで。本当にありがとうございました!」

男「......ふふ、今回は掴みはオッケーだな...」




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 21:53:21.81 ID:xBTl5gDd0
友「なんだよ、今回は結果出してこなかったのかよ」

男「いやいや、いきなりとか今まで焦り過ぎたんだよ」

友「へー?少しは学習したのか」

男「それに地味子さん以外はまだわからんし」

友「ハーレムとかありえないから」

男「わからないだろ?ハーレム作っちゃうかも知れないぞ?」




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 21:56:35.92 ID:vYFouQ050
友よ、そいつをぶん殴れ俺が許す




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 21:59:12.35 ID:xBTl5gDd0
友「どんだけポジティブなんだよ......」

委員長「あっ男君、さっき手伝って貰ったばかりで悪いんですが...」

男「お?いいよいいよ!手伝うよ!友も居るから使っていいよ」

友「おい、俺は手伝うとか...」

男「どうせ暇だろうが」

委員長「すいません、じゃあこれ図書室までお願いできますか?カウンターに置いといて貰えれば良いので」

男「こっこんなに?」

委員長「私1人だといつになるかわからないので......」

友「これは手伝うしかないな...」




64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 22:05:17.50 ID:xBTl5gDd0
友「くっそがぁ......!」

男「くっ!中身全部辞書みたいな分厚い本ばっかりじゃねーか!!」

友「委員長はなんで1人でこんな仕事やってんだ!?」

男「しるか!!」

友「つーか新品っぽいし...どうせなら業者にやらせろよ...くそっ!!」

男「俺の彼女候補の為にキリキリ働け!!」

友「俺なんの得もねーのかよ!!」

男「委員長と付き合えたらジュース一個買ってやるよ!!」

友「割に合わねーよ!?」




67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 22:12:04.74 ID:xBTl5gDd0
図書室

男「ぷはぁ!!」

友「おっ...終わった...」

委員長「ありがとうございます!お二人共!!」

男「いいよいいよ...あんなのバラして運んでたら日が暮れちまうし...」

委員長「私だけ軽いのしか運ばずすいません...」

友「箱のままじゃ委員長じゃ持ち上がらないだろうし仕方ないっしょ...」

委員長「お礼と言っては何ですが先生から食堂の食事券貰ったんで使って下さい」

友「おお!マジか!遠慮なく!」

男「ああ、ありがとう」

委員長「じゃあ私はまた違う用があるのでこれで」




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 22:19:32.09 ID:xBTl5gDd0
男「......意外と友にジュース奢るのも早いかもな!」

友「なに調子コいてんだ?むしろ良いように使われてるんじゃねーの?食券はラッキーだったが」

男「いいや!行けるね!」

友「だからポジティブ過ぎるだろ......」

根暗「.........ちょっと...図書室では静かにして...」

男「あっ...根暗さんごめん」

友「悪い悪い、じゃあ行くか」

男「おう、じゃあ根暗さんうるさくしてごめんな」

根暗「......わかってくれれば別に」

男「じゃあまた明日ね」

根暗「え......まっまた明日...」




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 22:23:01.22 ID:xBTl5gDd0
友「......本当に諦めて無いのかよ」

男「あたぼうよ」

友「仮に上手く行っても面倒くさい事にしかならないだろ......あっ」


男「ん?どした?」

友「鞄をさっきの部屋に置いて来ちまっただろ」

男「あーそっか...取りに行かないとな」

友「さっさと拾ってさっさと帰ろうぜ」




74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 22:30:35.91 ID:xBTl5gDd0
男「......ん?中にだれか居るな?」

友「あん?委員長と先生じゃん」

男「......あっ」

友「......マウトゥーマウスですね」

男「............」

友「......だから良いように使われてるって言ったろ?」

男「......これが浮気現場を見てしまった恋人の気持ちか......やるせない、この上なくやるせない......」

友「お前が勝手に彼女候補にしてるだけで彼女でもなんでも無いだろ......」

男「まぁそうだな、鞄取って帰るか」

友「切り替え早いな!?」

男「コンコン...失礼しまーす」




79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 22:36:50.11 ID:xBTl5gDd0
友「はっはっはっは!!2人のびっくりした顔傑作だったな!!」

男「ははっ!大分挙動不審になってたな!」

友「しかし清楚なイメージがあったのに教師と付き合うとか意外とがっつりなんだなぁ」

男「もっと行動が早かったら俺があの隣に居たな」

友「お前マジで自信過剰だな...」

男「自称学校1のイケメンだぜ?」

友「中の下が何言ってんだ糞が」

男「あっ!不良さんだ!!」

友「話聞けよ糞が」




81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 22:39:57.27 ID:xBTl5gDd0
友「......また行くの?」

男「行くよ?」

友「じゃあ先帰るから明日話聞かせろよ」

男「えー?」

友「はいはい、健闘を祈りますよ」

男「しゃあない、またな」

友「怪我すんなよ」




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 22:44:37.99 ID:xBTl5gDd0
男「不良さーん!」

不良「んー?なんだおめー?」

男「いやだなぁ?忘れたんですか?隣のクラスの男ですよ」

不良「隣かよ、知るか」

男「所でここで何してんの?」

不良「関係ねーだろ、さっさと帰れよ」

男「隣失礼しますね」

不良「聞こえなかったのか?帰れよ!!」

男「あっ、不良さん良い匂いしますね?香水ですか?」

不良(なっ何こいつ...気持ち悪い...)




85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 22:51:03.54 ID:3u6lJ8Gx0
男の彼女を作ろうという姿勢は凄い評価出来る




87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 22:54:44.20 ID:xBTl5gDd0
不良「なっ何なんだお前?」

男「え?隣のクラスの...」

不良「ちげーよ、何か用かって聞いてんだよ!」

男「不良さんとお話したいなって思っただけですよ?」

不良「なんの話だよ...」

男「えっとーじゃあ...今日学校来てませんでしたよね?なんかあったんですか?」

不良「......別に」

男「話したくない感じですか?じゃあ服装が昔のスケバンっぽい理由は?」

不良「関係ねーだろ......お前初対面の癖にやたら馴れ馴れしいな......なんか名前も知ってるし...気持ち悪いし...ストーカーか?」

男「いやだなぁ、俺たち幼なじみじゃないですか」

不良「はぁ?幼なじみぃ?」




91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 23:02:36.79 ID:xBTl5gDd0
男「○○幼稚園だよね?」

不良「......そうだな」

男「俺も○○幼稚園なんだよ」

不良「そっそうなのか?......だっ!だからって幼なじみって言うのは違うんじゃねぇの?」

男「小さい時に仲良かった子を幼なじみって言うらしいよ?」

不良「今の今までお前なんか忘れてたわ!馴染みなんかねーし!」

男「これから馴染もうよ」

不良「んなっ!?きっ気持ち悪い事言ってんじゃねーぞ!!オラァ!!」

男「げふっ!?」

不良「にっ二度と面見せんな!!」




94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 23:11:49.28 ID:xBTl5gDd0
不良「アルバムアルバム...あった......」

不良「.........ん?こいつか?」

不良「名前は男って言ってたよな...?ならこいつか...」

不良「私とも一緒に写ってるな......仲良かったのか?」

不良「この5人で写ってるのは仲良さそうだなぁ...楽しそう...」

不良「はぁ......」




99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 23:20:00.52 ID:xBTl5gDd0
友「んで結局殴られたと?」

男「印象的には過ごせたかな!」

友「最悪の印象じゃ意味ないだろ...」

男「最悪なら後は上がるだけだろ?」

友「だからおかしいだろそのポジティブさは...」

不良「おい、男って奴居るか?」

男「え?ふっ不良さん?」

友「なっなんか雰囲気おっかないぜ?お前ボコられるんじゃね?」

不良「ん、居るじゃねーか?ちょっと面貸せよ」

男「ひっ...とっ友!...いない!?」

不良「早く来いオラ」

男「たっ助けてくれ!友ぉ!」

友(南無三)




103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 23:27:54.84 ID:xBTl5gDd0
不良「ここなら誰もこないか...」

男「こっこんな人気のない場所で何を......もしかしてリンチですか!?」

不良「おい」

男「ひぃ!もう面見せないので殴らないで!?」

不良(なんだこいつ?昨日の厚かましさはどこ行ったんだ...)

不良「殴らないから話聞けよ」

男「はっはい!」

不良「......お前と私は昔仲良かったのか?」

男「.........え?」

不良「だっだから昔は仲良かったのかって聞いてんだよ!///」

男「あっアルバム見る限りはそうなんじゃないかと......」




109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 23:36:15.23 ID:xBTl5gDd0
不良「......アルバムで見る限りはか...なんか他に覚えてないのかよ」

男「え?んー色んな奴と遊んでたぐらいしか覚えてないかなぁ...」

不良「......私の事幼なじみとか言った癖にか?」

男「いっいや!あっあれは言葉の彩と言うかなんと言うか」

男「でも別に間違ってないし...」

不良「まっまぁ確かに幼稚園ではよく遊んでたみたいだったしな...」

男「......もっもしかしてそんな事聞くためにわざわざここへ?」

不良「......そっそうだよ!悪いか!?」

男「不良さんって意外とシャイ?」




110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 23:40:07.29 ID:xBTl5gDd0
不良「しゃっシャイじゃねぇよ!!オラァ!!」

男「ぐふっ!?なっ殴らないって言ったのに......」

不良「えっ!?おっおい!?」

不良「きっ気絶してる...あっ当たり所が悪かったのかな...?」

不良「......とりあえず保健室に...」




120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 23:49:43.63 ID:xBTl5gDd0
男「んん......ん?」

「あら、気が付いた?」

男「えっ......誰?ここは?」

ツンデレ「保健室よ」

男「あれ?なんでツンデレさんが?不良さんは?」

ツンデレ「不良さんはあなたを私に任せて戻ったわ」

ツンデレ「先生が今居ないから私は保険委員としてあなたを見てたのよ」

男「そっか、ありがとう...でもなんで俺こんな事になってるんだ?」

ツンデレ「さぁ?不良さんとなんかあったんじゃないの?」

男「......あぁ...なんとなく思い出した」

ツンデレ「そ?じゃあ大丈夫そうだし私も教室戻るから、あなたも大丈夫そうなら来なさいよ」

男「ん...ありがとうツンデレさん」

ツンデレ「感謝される程じゃないわ、保険委員だから仕方なく見てただけよ」




125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/22(火) 23:55:14.68 ID:xBTl5gDd0
友「よぉお帰り男」

男「くたばれ薄情者」

友「やっぱり俺も行かなくて良かったみたいだな!」

男「殴らないって言ったのに殴られた......」

友「なんか余計な事言ったんだろ?」

男「シャイなの?って言ったら思いっきり殴られたんだ」

友「それだけで気絶するほど思いっきり?...災難だな」

男「不良さんはやっぱり怖いから近寄らないようにしよう......」

友「最初から止めとけば良かったのに...」




134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 00:03:43.35 ID:xBTl5gDd0
不良「.........」

男「.........」

友「教室の入り口に不良さん居るな...」

男「なんで?そんなに怒るような事俺した?」

友「人それぞれだからなぁ...したんじゃないか?」

男「止めとけば良かった......」

不良「おい」

男「うわぁ!」

不良「わっ悪い驚かせるつもりは無かったんだ」

男「なっなんか用?」

不良「......昼を一緒にどうかなって...」

男「え?」




136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 00:10:31.87 ID:xBTl5gDd0
友「.........」

男「.........」

不良「......」

友「(おい、気まずいぞ!なんとかしろ!)」

男「(俺だって気まずい!お前なんとかしろ!)」

不良「.........なぁ」

男「はい!」

不良「やっぱり私は邪魔か...?」

男「滅相もございますん!」

不良「.........そうか」

友「(なんかアンニュイだぞ!)」

男「(なんか可愛いな!)」

友「(ばか!俺達が話さないから気を使ってるんだろ!)」

男「(なんか言ったらまた殴られそうなんだもんよ!)」

不良「......?」




139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 00:20:48.43 ID:xBTl5gDd0
友「(とりあえずなんか言ってやれよ)」

男「(...わかった)......今日はさ」

不良「ん?」

男「どうして昼誘ってくれたの?」

友(これまたどストレートな事を...)

不良「......朝の事で大丈夫かなって思ったから」

男「え?...しっ心配してくれてたって事?」

不良「そっそうだよ!悪いか!?でも大丈夫そうだな!!良かったな!!」

男「うっうん...」

友(なんか素直じゃないような素直だな......)

不良「......後殴って悪かったな、それだけだから...」

男「あっ...ふっ不良さん?気にしてないから!もう気にしてないからね!また良かったら昼一緒にたべようねー!!」

友「行っちまったか......不良さん面倒くさい性格だな」

男「......ああ」




140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 00:25:17.01 ID:xBTl5gDd0
友「でも不良さんはちょっと脈ありじゃないか?」

男「かもしれんね」

友「あれ?乗り気じゃない?」

男「不意に殴ってくる子はちょっと......」

友「......ひでぇなお前...お前から接触しといて」

男「もうちょっとこう...ギャルっぽいイメージがあったんだよ...」

友「あのスケバンな見た目でギャルはありえないだろ...」

男「ですよね」




141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 00:29:22.28 ID:xBTl5gDd0
友「それで今日は?」

男「ん?」

友「新しい子にアタックしないのか?」

男「あー...腐女子さんとか?」

友「俺は進めないぞ」

男「デブスは論外だし...あっ!女さんもだよな!?」

友「あー、女さんね?あの子もアルバムに乗ってたな」

男「よし!今日は女さんだ!」




143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 00:36:34.39 ID:xBTl5gDd0
男「昼休みに見つからなかったな...」

友「放課後に時間ありそうなら行けば?」

男「そうするか...席あそこか...」

女「............」

友「急いで帰るとか無きゃ大丈夫だろ」

男「初心に返って頑張って見るか」

友「初心に返ったら失敗しそうだが」




145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 00:46:40.37 ID:xBTl5gDd0
放課後

男「よし!女さ...」

女「じゃあねー!バイバーイ!」

「じゃねー」

男「.........」

友「早いな」

男「なぁに明日がある」

友「......諦めるってのは無いんだな」

男「だから今日は根暗さんの所に行こう!ねぇ根暗さん!」

.........

友「あの子もはえーな...また図書室じゃねーの?」

男「......そうだな、行ってみるか」

友「そっか図書室行くなら俺は帰るから、じゃあな」

男「じゃあの」




148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 00:52:52.82 ID:xBTl5gDd0
図書室

男「.........こんにちわ」

根暗「......こんにちわ」

男「昨日振り!」

根暗「......教室でも会った」

男「話はしてないじゃん?」

根暗「......そうだけど」

男「隣良いかな?」

根暗「......本を読む邪魔しないなら好きにすれば」

男「じゃあ失礼して」

根暗「......」




149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 00:55:42.25 ID:xBTl5gDd0
男「.........」

根暗「.........」

男「.........」

根暗「.........」

男「.........」

根暗「......何?人の顔ジロジロみて...」

男「なんでもないよ」

根暗「.........そう」

男「うん.........」




151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:04:46.63 ID:xBTl5gDd0
根暗「.........ふぅ」

男「読み終わった?」

根暗「......続きの奴がまだある」

男「ちょっと小休止に話しない?」

根暗「......良いけど」

男「じゃあお言葉に甘えて」

根暗「......」

男「今の本面白い?」

根暗「......私は好き」

男「ふぅん?じゃあ貸してよ」

根暗「......汚されるのが嫌だからダメ」

男「えー...残念」

根暗「.........」




155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:12:10.08 ID:xBTl5gDd0
男「一昨日さ、幼稚園のアルバムみたんだ」

根暗「......ふぅん」

男「やっぱり根暗さんも居たよ」

根暗「......一緒に写ってたね...私も男君に言われて気になったから見たんだけど」

男「あっ!そうなの?やっぱり昔一緒に遊んでた感じだったよね?」

根暗「......うん」

男「アルバム見てて思い出したけど根暗さんって結構元気な子だったよね」

根暗「......小さい頃はみんなそうでしょ」

男「それにツインテールが凄く似合ってたよね?今も似合うんじゃない?」

根暗「......え?...いっ今?...」




158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:19:17.92 ID:xBTl5gDd0
男「ちょっとやってみない?」

根暗「......いっ今はちょっと...厳しいよ...」

男「大丈夫だよ!根暗さん可愛いし!」

根暗「えっ!?......かっ可愛い?」

男「可愛いよ?ツインテールにしたらもっと可愛くなりそうだよ」

根暗「......そっそうかなぁ...多分この歳でツインテールは気持ち悪いと思うけど...」

男「成人してるアイドルがやってんだから大丈夫でしょ!根暗さんのが下手なアイドルより似合うよ!」

根暗「そっそうかなぁ...?」




160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:27:05.66 ID:xBTl5gDd0
根暗「......でも今はできないかなぁ...髪留めないし...」

男「ん、それは残念...見たかったなぁ...ツインテール」

根暗「.........明日」

男「え?」

根暗「......明日髪留め持ってくるから...そしたら少しだけやってあげても...良いよ」

男「え!?まっマジ!?」

根暗「えっ......ま...マジ」

男「しゃあ!!」

根暗「ちょ...ちょっと!図書室だから静かに......」

男「あっ......すっすいません...」

根暗「......それじゃあ今日は帰るから......また明日...ね」

男「おう!また明日な!」

根暗「......うん」




161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:30:14.35 ID:xBTl5gDd0
男(なんか根暗さんと良い感じになれたなぁ...!)

男(友は引いてたけどやっぱり根暗さん可愛いよなぁ)

男(このまま根暗さんと仲良くなれたら他はアタックしなくて良いかな......ん?)

男「不良さんだ......また1人でベンチに座ってる」




164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:34:28.27 ID:xBTl5gDd0
不良「.........」

男「.........帰らないの?」

不良「うわああああ!!!」

男「えっ?!ちょ!?」

不良「なっなんだ...お前か......ビビらせるなよ」

男「ごっごめん...」

不良「......お前はこんな時間まで何してんだよ」

男「ちょっと図書室に寄ってたんだよ」

不良「ふん、本なんか読むんだな?全然そういう風には見えねーけど」

男「まぁ...ね」




163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:31:52.08 ID:BkOMQ5gI0
正直デブスちゃんのキャラが気になる




165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:37:05.55 ID:xBTl5gDd0
デブス「失礼ね、デブでもブスでも無いわよ」

デブス「体型はちょっとぽっちゃりし過ぎなだけよ」

デブス「顔だってちょっとメイクが下手なだけだし」

デブス「だからデブでもブスでもないわよ」




166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:37:37.35 ID:Gtu2QKNs0
その情報はいらないです




167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:41:20.34 ID:h1iB/jq40
聞いてません




168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:42:38.64 ID:83/HC5Op0
目障りです




169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:43:38.93 ID:xBTl5gDd0
男「それで?不良さんは帰らないの?」

不良「私の勝手だろ」

男「じゃあ隣に座るのも俺の勝手ですね」

不良「おい!勝手に私の横に座るな!後くっつくなよ!!」

男「不良さんがそっちによればくっつかないよ」

不良「チッ......」

男「ほらね?」

不良「......今日は何の用だよ...」

男「別に」

不良「てめぇ!?」

男「ちょちょちょ!?また気絶しますよ!?」

不良「チッ......」




170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:49:08.80 ID:xBTl5gDd0
不良「はぁ...用が無いならさっさとどっか行けよ」

男「俺の勝手でしょ」

不良「なら私が帰る」

男「じゃあ俺も」

不良「ふざけんな!!」

男「わがままだなぁ?わがままなのはボディだけにしてくださいよ」

不良「意味わかんねー事言ってんじゃねぇよ!!?」

男「俺もよくわかってないから大丈夫ですよ」

不良「はぁ?......はぁ...なんなんだお前...」




171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 01:53:46.94 ID:xBTl5gDd0
男「.........不良さんが」

不良「......ん?」

男「不良さんが1人でここに座ってるのが気になったから...じゃ駄目ですか?」

不良「.........なんだそれ」

男「今不良さんに話しかけた理由です」

不良「......だからなんだよそれ」

男「...?さぁ?なんとなく気になったから」

不良「.........はぁ...変な奴だなお前って...」

男「あっ...(やばい...笑顔が眩しいとはこの事か!?)」




173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 02:00:49.29 ID:xBTl5gDd0
不良「ふふっ.........」

男「.........」

不良「?.........なんか言えよ」

男「.........あっ!なっなんか不良さんの笑顔が...きっ綺麗だなぁって...」

不良「ふぁ?!きっ綺麗だぁ!?」

男「あああ!?べっ別にやましい気持ちで言ってるんじゃなくて!?すっすいません!!殴らないで!!」

不良「.........ぷっ...ハッハッハッハ!!」

男「......え?」

不良「お前って昔っからそんな奴だったのかなぁ...」

男「えぇ?」




174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 02:08:35.34 ID:xBTl5gDd0
不良「ずっとお前と一緒だったら私の人生も少しは違ってたのかなぁ......」

男「ふっ不良さん?」

不良「ああ......悪い、こっちの話だ」

男「......なんかあったんですか?愚痴位なら聞きますよ?」

不良「ん?んー...そうだな...ちょっと愚痴るか......良いか?」

男「不良さんが嫌じゃなければ」

不良「私は......本当は嫌だけど...すこし聞いて欲しいのかもなぁ...」

男「じゃあ聞きますよ」

不良「私の家の話なんだが」




177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 02:18:08.30 ID:xBTl5gDd0
男「親が離婚してまた再婚して新しい子が産まれてからずっと1人...か」

不良「まぁそんな所だ、再婚したばかりの時は2人共可愛がってくれたけどな?妹と弟が生まれてから私は邪魔者扱いだよ」

不良「はは......よくある不幸話さ...だからここでいつも1人で時間潰してるんだよ」

男「.........なんて言ったら良いか」

不良「同情はいらないよ...惨めなだけだからね」

男「すいません...」

不良「謝るなよ...そういえばこの格好の理由も聞いてたよな?察しは付いてるかも知れないが」

不良「親へのあてつけだな...自分で言うのも何だがな......」

不良「別に不良をやりたい訳じゃないんだ......でもこの学校じゃ浮いてるよな?だから友達なんか出来やしないし」




178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 02:24:43.63 ID:xBTl5gDd0
不良「でもそんな私にちょっかい出すバカが居たんだよ」

男「はぁ...?」

不良「お前だよお前」

男「あぁ...」

不良「昨日突然なんの前触れもなく現れやがって」

男「まぁ幼稚園以来まともな面識なかったですよね...」

不良「意味がわからなかったんだぞ?すげぇ混乱した」

男「昨日の自分を思い返すと基地外に思えますね」

不良「いや、十分基地外何じゃないか?」

男「ひっひでぇ...」




180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 02:31:21.79 ID:xBTl5gDd0
不良「お前と一緒に居たあいつも多分基地外だな」

男「友は基地外だな」

不良「認めるのかよ...友達じゃないのか?」

男「幼なじみですし」

不良「...幼なじみか......羨ましいな...」

男「不良さんも幼なじみに属してますけどね」

不良「わっ私も!?」

男「良かったら改めて幼なじみとして友達になりましょうよ」

不良「え!?いっいいのか!?こんな変な女を友達にして!?」

男「最初に近づいた目的がそれですし(ちょっと違うけど)」

不良「そっそうだったの...か......私でもいいの?」

男「むしろウェルカムです」




183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 02:40:02.14 ID:xBTl5gDd0
不良「.........ウグッ」

男「不良さん...?」

不良「.........私...小学校以来......初めて友達ができた...なんか凄く嬉しくて...泣ける...グスッ」

男「なっ泣くほどですか?」

不良「だって......嬉しくて......こんな嬉しい事久々で...私......グスッ」

男(見た目に反して乙女だなぁ......可愛い)

不良「.........ウグッ...グスッ」




184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 02:47:46.51 ID:xBTl5gDd0
不良「なんか......今日は悪かったな...」

男「何にも気にしないで下さい」

不良「......その敬語止めろよ...友達になったんだし...そもそも同い年だし」

男「ん...これは殴られない為に......」

不良「もう殴らないから、友達を殴ったりしないから」

男「そう?じゃあ止めるわ」

不良「ああ、今日は色々ありがとうな...」

男「だから気にするなって...俺は話聞いただけだし誰にも言わないし」

不良「うん、でもありがとう......じゃあまた明日な!」

男「ああ、気をつけて帰れよ?」

不良「私は大丈夫さ!男こそ気をつけてかえれよ!じゃあな!」

男「また明日なぁー!」




185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 02:52:04.10 ID:xBTl5gDd0
男(なんだか急に上手く行きだしたな......)

男(まぁ不良さんとは友達だけど...幼なじみの女の子の友達か...)

男(やべぇ...なんか俺もすげぇ嬉しくなってきた!)

男「ひょー!ウルトラソゥッ!!ハイッ!!」

「ひっ...!」

男「うひっ!?」

男「ななんだ...?そっそこの草むら......だっ誰か居るの?」




189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 02:57:50.47 ID:xBTl5gDd0
「そっその制服...うちの学校の人?」

男「え?きっ君は?」

女「あっ...あなたは...同じクラスの男君?」

男「おっ女さん?そんな所でなにしてんの?」

女「!こっち!こっち来て!早く!!」

男「え?あっああ......」

女「しゃがんで!しゃがんで!」

男「どうしたの?」

女「シッ!」




192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 03:05:52.89 ID:xBTl5gDd0
DQN「おーい?居たか?」

DQN2「いねぇなぁ?」

DQN3「もう帰っちまったんじゃねぇかぁ?」

DQN4「せっかく可愛い子とヤレる所だったのになぁ」

DQN5「しゃーねーよ!カラオケでも行って憂さ晴らししようぜ」

DQN6「ちっくしょーヤりたかったなぁ」

男(なっなんだこいつら...ここら辺にこんな奴ら居たのかよ...こえぇ...ん...)

女(ブルブルブル)

男(震えてる...女さんこいつらから逃げてたのか......)




198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 03:29:21.81 ID:xBTl5gDd0
男「.........行ったかな?」

男「......女さん?」

女(ブルブルブル)

男(まだしばらく無理か)

男(警察に連絡しとこう)




199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 03:35:45.85 ID:xBTl5gDd0
女「.........」

男「落ち着いた?」

女「少し......」

男「大丈夫になるまで一緒に居るから......安心して」

女「ありがとう......」

男(それにしてもこんな時間に何してたんだろ...女さんからしたら俺もだけど)




200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 03:51:57.33 ID:xBTl5gDd0
男「............」

女「......もう大丈夫だから...ありがとう」

男「本当?無理はしなくていいから」

女「ううん、大丈夫だから...すぐ逃げたから何かされた訳じゃないし」

女「でも男君が来る前にあいつらが来てたら...男君に見つかったみたいに見つかっちゃってたかも知れない...」

男「あー...あの時はいきなり大声だしてごめん...」




203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 04:12:38.25 ID:xBTl5gDd0
男「こんな時間に何してたの?」

女「バイトの帰りだったんだ...そしたらあいつらに絡まれて......」

男「そうなんだ...」

女「家の方向とかばれたくないから学校の方に逃げてたら人気が無くなっちゃって...怖くて草むらに隠れてたの...」

男「そしたら俺がいきなり奇声あげたからびっくりしちゃった訳か」

女「うん...なんか巻き込んでごめんね?警察にも電話してくれてたよね?」

男「あんなの居たら他に被害者が出かねないしね?捕まりはしないだろうけど一応ね」

女「ありがとう...通りかかったのが男君で本当に良かった......」




205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 04:21:38.72 ID:xBTl5gDd0
女「......男君はこんな時間まで何してたの?」

男「ん?学校で友達の相談聞いてたらいつの間にかこんな時間になっちゃってて」

女「ふーん?いつも一緒に居る友達なら...友君の相談に乗ってたの?」

男「あーあー!あいつは人に相談なんかしないよ!他の人だよ」

女「へー?友君意外にも友達居たんだね?」

男「え......今すっごい傷ついた...」

女「あっごめん...そんなつもりは無かったんだけど......」

男「......いいよ、事実だし...その友達もその時友達になったばっかりだし...」




207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 04:32:37.39 ID:xBTl5gDd0
女「へー...じゃあ私も男君と友達になる」

男「え?」

女「だめ?」

男「いや...嬉しいけど...すごく......よろしくね」

女「本当!?良かったぁ!」

男「そっそんなに嬉しい?」

女「だって男君頼りになるし...信用出来る人みたいだからさ...?」

女「そういう人と繋がりを持てるのって嬉しいじゃん?」

男「そんなに綺麗な人間ではないけどなぁ...」

女「あはは!そんな聖人様見たいには思ってないから身構えなくて大丈夫だよ!」

男「ははっ!じゃあ気楽に行かせて貰うよ」

女「うんうん!これからよろしくね?」




208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 04:42:01.07 ID:xBTl5gDd0
女「なんか普通に私の家の方に向かって来ちゃったけど大丈夫だった?」

男「大丈夫、俺も家ここら辺だから」

女「あれ?そうなんだ?今まで鉢合わせしなかったから知らなかったよ」

男「俺もだよ、まさかこんなに近くに住んでたとは」

女「偶然ってあるんだねー」

男「あっ...そういえば女さんって○○幼稚園だよね?」

女「え?幼稚園?...確かそうだけど...?」

男「いやね?最近アルバム見てさ?確か女さんと同じ名前の子が乗ってたから」

女「うそぉ!?凄い偶然じゃん!?私も帰ったら見てみよ!!」




210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 04:53:25.43 ID:xBTl5gDd0
女「じゃあ私家あっちだから」

男「うわぁ...本当に近いな...今まで会わなかったのが不思議なレベルだわ...」

女「そんなに近いの?どこ?」

男「あれ」

女「うっそ...本当にすぐそこじゃん...」

男「なんか逆に怖いな...」

女「まぁ...幼稚園一緒なくらいだしね......知らなかったけど...」

男「......とりあえず帰ろうか...」

女「うん......それじゃあね!」

男「ああ、また明日」

女「うん!また明日ね!」

男「......家入ったか...俺も帰ろ」




213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 05:03:56.45 ID:xBTl5gDd0
女「幼稚園のー...アルバム!これだ!」

女「パラパラーっと...お?この子かな?」

女「うわぁ...小さい男君可愛いなぁ...えへへ...」

女「あれ?これ友君?」

女「へー友君も一緒だったんだぁ...あっ!これ根暗さんじゃん!」

女「あっ!地味子さんと委員長も!ん?これは隣のクラスの不良さんっぽいけど?名字違う?」

女「へー...結構うちの学校の人でいるんだなぁ......あ」

女「これ...私と男君と?友君と根暗さんと...不良さん?」

女「......あ...男君」




215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 05:14:09.79 ID:xBTl5gDd0
男「という訳なんだよ」

友「何お前?マジでハーレム作る気なの?」

男「いやー!はっはっはっ!」

友「死ね!!果てしなく死ね!!そしてまた死ね!!」

男「僻むな童貞君」

友「童貞はお前だろ糞が」

男「なんだよー?お前も童貞だろ?チェリーボーイなんだろ?」

友「俺彼女居るから」

男「は」

友「ぶっちゃけると地味子が彼女」

男「は」




217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 05:18:39.55 ID:xBTl5gDd0
男「だって地味子さんは...止めとけとか...イマイチとか...」

友「自分の彼女を進めるバカが居るかアホ」

男「まて!あの日確か帰りにデートがとか言ってたが?俺んち来てたよな!?」

友「お前と帰らない日は毎日一緒だから偶には良いんだよ」

男「なん......だと...?」

男「俺が知らないうちに友は大人の階段上がりきっていたのか......?」

友「お前最近までそういうのに興味無かったじゃん......」

男「そっそうだけど...確かにそうだけど...寝取られた気分だわ...」

友「気持ち悪い事言うな糞が......」




248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 09:25:54.62 ID:xBTl5gDd0
男「おーい!昼飯食おうぜ!」

友「あー...わりぃ今日はちょっとな」

男「ん?そうか?...久々だなそれ」

友「そういやもう隠す必要無いんだったな」

男「なにがだ?......あ!まさかお前!?」

友「地味子が弁当作ってくれたんだよ」

男「死ね!俺より幸せな奴は死ね!!」

友「はっはっは!お前は叶わないハーレムでも追ってろ!じゃあな!親友!」

男「ギギギ......!」




249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 09:31:45.54 ID:xBTl5gDd0
男(ちくしょう...あいつ一年も前から付き合ってやがったのか......)

男(......でも昼休みはほぼ俺と居てくれたな...)

男(地味子さんには悪いことしたなぁ......)

男(友のクソッタレが正直に言わないから......はぁ...久々にぼっち飯か......)

男「ん!?いやいや!俺にだって新しい友達が増えたんだ!」

男「友がダメなら他を誘えば良いじゃない!!」

男「早速誰か探しに行くか」




253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 09:39:37.89 ID:xBTl5gDd0
図書室

男(根暗さん...根暗さん...あっ、やっぱり居た)

男「こんちわ!」

根暗「......こんちわ、元気なのは良いけど図書室では静かに...」

男「さーせん......所でお昼一緒に良いかな?」

根暗「......え?......何?いっ一緒に?」

男「いや、お昼一緒に食べたいなって」

根暗「......さっ騒がないなら...良いよ」

男「......ありがとう、静かにするから...隣失礼します...」

根暗「......うん」




254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 09:45:50.87 ID:xBTl5gDd0
男「......モグモグ」

根暗「......モクモク」

男「......モグモグ」

根暗「......モクモク」

男「......そういえばさ」

根暗「......モクモク?」

男「ツインテール見せてくれるの?」

根暗「ぷぐっ!?」

男「ねっ根暗さん!?」

根暗「んぐっ!んぐっ!」

男「あっ?あっ!飲み物ね!はい、これ」




258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 09:53:13.97 ID:xBTl5gDd0
根暗「ゴクッ...ゴクッ......あっ...ありがとう......」

男「はい、どういたしまして...俺も飲も...ゴクゴクッ」

男「ぷはぁ!根暗さんの間接キッスうめぇ!」

根暗「あっ......あぁ...ちょ...何言って......カァァ///」

男「根暗さん顔真っ赤だよ?」

根暗「だっ...だって男君が間接キスとか言うから......」

男「恥ずかしがらないでよ?事故だから事故!!」

根暗「でっでも......うぅ...///」

男(食べちゃいたいなぁ...)




262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 10:00:50.10 ID:xBTl5gDd0
男「それでツインテールは?」

根暗「......出来る......けど放課後にして...」

男「ん?なんかあるの?」

根暗「......昼休みは人多いから...恥ずかしいし」

男「わかった。ツインテールは放課後ね!」

根暗「......ごめんね?」

男「楽しみが一つ伸びただけだから良いよ」

根暗「......そう(楽しみ...だったんだ.........///)」




264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 10:09:24.07 ID:xBTl5gDd0
根暗「.........ねぇ」

男「......ん?」

根暗「......なんで私をジッと見てるの?」

男「.........あんまり言うと安くなるから言わない」

根暗「......?安くなる?なんの事?」

男「.........まぁ気にしないで...変な理由じゃないからさ」

根暗「......気になるんだけど...本が進まないくらいに」

男「んー......頑張って気にしないで」

根暗「......なにそれ...」




267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 10:18:41.73 ID:xBTl5gDd0
男「おっ...昼休み終わった」

根暗「......戻らないと」

男「だね」

根暗「......?戻らないの?」

男「一緒に行こうよ」

根暗「えっ......ちょっと...私時間かかるから...」

男「待ってるよ」

根暗「うっ......授業...遅刻しちゃうかも......」

男「仕方ないね?俺が好きで待ってるんだし」

根暗「うぅ......じゃっじゃあ...いっ急ぐから...」

男(困ってる根暗さん可愛いなぁ...)




269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 10:25:41.23 ID:xBTl5gDd0
友「おー男!おかえ......ほう?」

男「なんだよ」

根暗「......じゃあ私席戻るから...」

男「あー、ありがとうね?お昼一緒にしてくれて」

根暗「......私も...ありがとう......」

友「......ちゃんと真面目に進行してたんだな?」

男「真面目にってなんだよ......遊びみたいに言うな馬鹿めが!いつだって俺は真面目だ」

友「ハーレムのどこが真面目だよ......女の子舐めてるだろ...」

男「根暗さんとかペロペロ舐めたいわ」

友「死ねよ」




270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 10:38:20.71 ID:xBTl5gDd0
放課後

男「じゃあ根暗さん図書室行こうか」

根暗「......うん」

女「男君じゃあね!」

男「あっ!女さん、またバイト?」

女「そうそう!だから急がないとね!......昨日の話の子って根暗さん?」

根暗「......?」

男「いや、また違う人だよ?」

女「そっか、男君にも意外と友達いるんだね?あっ!私急ぐから!男君と根暗さん!バイバイ!」

根暗「......ばっバイバイ...」

男「帰り道気をつけろよー!!?......たく!去り際に酷いサラッと毒吐きやがって...」

根暗「.........(女さんとも仲良かったんだ......)」




272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 10:42:33.10 ID:TdrNywb6i
ヒロイン多いのも楽しいもんだな




273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 10:43:05.40 ID:xBTl5gDd0
図書室

男「さぁ!さぁ!さぁさぁ!!ツインテールよろしく!!」

根暗「.........静かに」

男「......ハイッ」

根暗「......奥の席に行こ...」

男「仕切り席?」

根暗「......うん...あそこなら周りから見られないし...」

男「いこいこ!直ぐ行こ!!」

根暗「.........静かにね」

男「ハイ......」




275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 10:51:21.19 ID:xBTl5gDd0
男「はよはよ...!はよはよ...!」

根暗「......私が言うのもなんだけど......男君なんか気持ち悪いよ...?」

男「いやね?絶対根暗さんにはツインテール似合うと思うじゃん?早く見たいじゃん?はよ!」

根暗「わっ...わかったから......鼻息荒くして顔近づけないで......///」

男「最速でお願いします」

根暗「やっやるから...今やるからあっち向いてて......」

男「よしよし!はよはよ......」

根暗「.....................ん......いっ...良いよ?」

男「よし......うわぁお......トロピカル!」

根暗「とっトロピカル?」

男「可愛い...!すっげぇ可愛い......超似合ってるよ......抱きしめて良いよね?」

根暗「えっ......えっ...え?だっだめ!ダメダメ!!」




281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 11:00:49.79 ID:xBTl5gDd0
男「じゃっじゃあ!しゃっ写メ!写メとらして!待ち受けにする!」

根暗「だっだめ!!だめだから!!はっ恥ずかしすぎるから......」

男「写メかハグ!どっちか許して!どっちかだけで良いから!」

根暗「どっちもだめ...!」

男「後生だから!お願い!なんなら根暗さんのお願いもなんか一つ聞くから!お願い!」

根暗「私のお願い...?」

男「うんうん!何でもいいから!なんか聞くから!」

根暗「なんでも......」




287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 11:13:45.89 ID:xBTl5gDd0
男「......ここは?」

根暗「......なんか外国の図鑑ばっかりある場所...誰も見ないからここには殆ど人が来ないの」

男「へー...」

根暗「......日当たりも良いから偶にここで読む事もあるの」

男「ふぅん?それで俺はどうすれば...?」

根暗「......そこに寄っかかりながら座って?」

男「こう?それでお願いは?」

根暗「.........うっ動かないでね?しっ失礼します......よいしょ...///」

男「ええっ?!ちょちょ!!ちょま!?」

根暗「こっこうやってね?だっ...だ誰かに寄りかかりながら本読んで見たかったんだ......///」

男(この子意外と大胆!!)




292:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 11:25:17.90 ID:xBTl5gDd0
根暗「こっこれなら男君のお願いも叶えられるしね!?」

男「(なんか若干根暗さんバグってる?)はっハグしていいの?」

根暗「いいよ!?」

男「じゃっじゃあ...お言葉に甘えて......しっ失礼します......」

根暗「ぁっ...ふぁ......!!」

男「!?ねっ根暗さん!?大丈夫...?(エロイ!)」

根暗「だっだいひょうぶだよ?気持ひいいよ?」

男「大丈夫じゃない感じだけど?!」

根暗「ひっ......ひっ......ひぁ...ぁ...」

男「根暗さん!?......気絶した?なっなんで?」

男「...木漏れ日の中眠るツインテール美少女......写メ撮っとこ」




293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 11:29:49.47 ID:JKxsiTrO0
どんだけ敏感なんだよ...



ふぅ...




294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 11:34:57.24 ID:xBTl5gDd0
男「......大丈夫かな?」

ツンデレ「大丈夫でしょ?なんで気絶したのか知らないけど」

男「俺がハグしたらなんか急におかしくなって......気絶しちゃったんだよな...」

ツンデレ「あんた達まさかとは思うけど......」

男「ん?あっ...いやいや!不純な事はしてないぞ!?ただ抱っこ見たいな事したら根暗さんが......」

ツンデレ「ふぅん?まぁ私には関係ないけど?学校では控えなさい」

男「だから違うってば!」

根暗「うっ......うぅん?ここは?男君?とツンデレさん?」

男「根暗さん!良かった」

ツンデレ「あら?目が覚めた見たいね?全く!なんで気絶するような事を学校でするのよ貴方達は」

男「事故なのに......不良さんのは違うけど...」

根暗「なんか...ごめんなさい......」




297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 11:40:07.38 ID:Z2pJ1CcCi
これで根暗ちゃん√じゃなかったら許さん




298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 11:45:58.34 ID:qmPr0KYdi
これはハーレム√だろjk




299: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/05/23(水) 11:48:30.57 ID:QG///8p+0
さあ盛り上がってまいりました!




374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 15:53:53.08 ID:xBTl5gDd0
男「なんかごめんね?」

根暗「......うっううん...私も訳解らなくなってて...変な事してごめんなさい」

男「俺としては願ったり叶ったりだったけどね......お姫様抱っこも出来ちゃったし......」

根暗「おっお姫様抱っこ!?」

男「保健室連れてく時にね?いやぁ!役得ってこういう事言うのかな?ははっ!」

根暗「......おっお姫様抱っこ......私がお姫様抱っこ......」

男「......根暗さん...?」

根暗「うぁ!?......わっ私帰る!帰るから!?じゃあね!?」

男「えっ!?ああ...まっまたね...?」

根暗「ごめんなさい!ごめんなさい!また明日!」

男(やっやっぱりなんか変になってたなぁ......)




377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 16:03:48.69 ID:xBTl5gDd0
男(根暗さん...ツインテール似合い過ぎだったな...)

男(あれで明日学校来たらみんな驚くだろうなぁ...)

男(友が見たらビビるだろうなぁ...あいつには根暗さんの魅力を1から叩き込まないと.........あっ不良さんまた居る)

不良「.........」

男(......なんか...泣いてるのか...?)

男「不良さん!」

不良「!?......おっ男?」




381:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 16:13:19.02 ID:xBTl5gDd0
男「......なんで泣いてるの?」

不良「......泣いてる...?あっ...本当だ...」

男「気づいて無かったのか?」

不良「きっ気づかなかった...」

男「なんか......悲しかった訳じゃないのか?」

不良「悲しい......寂しかったのかな......?」

男「寂しい?」

不良「......男に会えなかったから...かもしれない」

男「俺に!?(そっその台詞は...下手したら告白に繋がる訳ですが......)」




384:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 16:23:43.91 ID:xBTl5gDd0
男「それは......どういった意味でおっしゃいますか?」

不良「......昨日せっかく友達になったのに...学校で会えなかった......」

男「あー...別にうちのクラス来れば良かったのに」

不良「私がお前のクラス行ったらみんな怖がるだろ......」

男「あー...それは...少しあり得るかも......」

不良「だから待ってたけど......全然来てくれないから......」

男「......すいません」

不良「別に...怒ってはいないから......寂しかったけど」

男「でもごめんな?......隣座るぞ」

不良「......はい、どうぞ」

男「ん、悪いな(なんか不良さんキャラ違うな......)」




388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 16:33:04.35 ID:xBTl5gDd0
男「......不良さんさ」

不良「......うん?」

男「制服それしかないの?」

不良「......普通のもある...」

男「じゃあ明日から普通の着てきたら?」

不良「え......なっなんで?」

男「普通の制服なら別にみんな怖がらないんじゃない?」

不良「......そうかな」

男「多分みんな不良さんを見た目で判断してるしさ?服変えたら印象変わると思うよ?」

不良「だといいね...」

男「それに普通の制服ならうちのクラス来ても不良さんだと思われないだろうし」

不良「...!そっそうか!なら明日からは普通の制服着てくる!」

男「それが良いよ」




391:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 16:42:39.47 ID:xBTl5gDd0
男「後髪型もさ...後ろでまとめてポニーテールとかにしたら大分変わると思うよ」

不良「ポニーテールかぁ...家ではいつもしてるけど」

男「そうなんだ?今は出来る?」

不良「出来るけど......ほら」

男「.........」

不良「......やっやっぱりにあ」

男「良いよ!凄くイイ↑!!」

不良「イイ!?」

男「明日からその髪型と普通の制服できなよ!絶対そっちのが良いから!!」

不良「うっうん......」




396:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 16:53:05.04 ID:xBTl5gDd0
男「前髪もヘアピンで留めたりしてさ?昨日までとは違うあたし!見たいにやってみようよ!!」

不良「......なんかのキャッチフレーズみたい」

男「明日を期にみんなの印象に天変地異を起こしてやろうぜ!?今私が学校をひっくり返す!位の気持ちで!」

不良「大げさ過ぎるでしょ...」

男「少なくとも学年の男子の気持ちはひっくり返ると思うぜ?」

不良「別に他の奴にどうこう思われたくは無いけど...」

男「じゃあ俺が個人的に見たいからお願いします」

不良「わかった」

男「うおお...(即答とは...)」

不良「ちょっと頑張ってイメチェンしてみる」




399:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 17:00:51.44 ID:xBTl5gDd0
男「頑張って下さい!」

不良「うん」

男「.........そういえばさ?」

不良「うん?」

男「口調大分違うね」

不良「えっ?あっ!!」

男「それが素なの?」

不良「ちっちげーよ!?」

男「あー...もうなんかそっちに違和感ある」

不良「さ、さっきまでのはだな?気分が落ち込んでたからちょっとナイーブな感じでああなってただけだからな!?」

男「ふぅん?」

不良「ほっ本当だぞ!?」

男「俺はヤンキー口調な不良さんも素な口調の不良さんも好きだよ」

不良「すっ!?とっ友達に好きとか言ってんな!!オラァ!!」

男「うごっ!?とっ友達は殴らないんじゃ......?......」




406:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 17:13:38.97 ID:xBTl5gDd0
男(.........なんか頭に柔らかい感触...)

男(ん?俺は何してたっけ......根暗さんと別れたあと不良さんを見つけて......)

男「んん......」

不良「きっ気が付いたか!?」

男「不良さん...?あれ......俺は...」

不良「わっ悪かったな...殴らないって約束したのに......」

男「え?いや?大丈夫だけど......今のこれって膝枕?」

不良「あ?ああ...ベンチにそのまま寝かせるのは悪いと思ったから......嫌だったか?直ぐ...」

男「や!もう少しこのままで!!お願いします!!」

不良「そっそうか...嫌じゃないなら別に構わないけど......」

男(やべぇ...膝枕やべぇよ...こんなに良いものだったのか......全神経を後頭部に集中せねば...あっ良い匂いも...)




409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 17:20:40.29 ID:xBTl5gDd0
不良「.........」

男「.........」

不良(...ナデ)

男(ビクッ)

不良(ナデナデ)

男(ビクビクッ)

不良「ふふ...」

男「ん?笑った?」

不良「笑ってないぞ?......ふふ」

男「......(めっちゃ笑顔ですよ...眩しい...)」




412:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 17:28:01.69 ID:xBTl5gDd0
男「ん......ありがとう、大分良くなった」

不良「そうか......」

男(なんか名残惜しい感じがするけど......)

不良「膝枕位ならまたいつでもしてやるから」

男「うえ!?本当に!?撤回させないよ!?」

不良「なっなんだよ......撤回なんかしねーけど」

男「まっマジか......あっ明日!!明日の昼休みもしてくれよ!」

不良「いっいきなりだな?別にいいけど...」

男「よっしゃ!よっしゃ!」

不良「そんなに喜ぶ事かよ......」

男「男ならはしゃぎたくもなるぜ!?」




415:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 17:37:04.32 ID:xBTl5gDd0
男「今日も大分遅くなっちゃったな」

不良「私は良いけどお前は大丈夫なのか?」

男「普段から遅くまでフラフラしてるから大丈夫だよ」

不良「そんなもんなのか...」

男「あっ!昨日変な奴らがこの辺うろついてたから帰り道気をつけろよな?」

不良「それ私に言う事か?」

男「不良だって女の子だろ?危ない事にあわないに越したことはないだろ」

不良「おっ女の子......そんな柄じゃねーけどな...」

男「明るくて人の多い道から帰れよ?じゃあまた明日な!昼休み楽しみにしてるから!」

不良「わかったわかった、男も気をつけてな?また明日」

男「イメチェンも忘れるなよー!?」




418:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 17:49:51.16 ID:xBTl5gDd0
男(なんだか会って間もないのに2人とすげぇ打ち解けて来た感じがするな)

男(幼なじみ効果なのか?)

男(でも昔話なんか殆どしてないしなぁ)

女「おっ男君...?男君だ!良かったぁ...」

男「えっ?あれ?女さんどうしたの?......まさか...」

女「きょ今日は...変なおじさんが後ろから......」

男「やっぱり...わかった、安心して?大丈夫だから」

女「......ごめんね...ごめんね...」

男「大丈夫だよ」




419:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 17:51:38.27 ID:fUcptzYi0
女はよっぽど美人なのかしら?




423:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 18:02:55.96 ID:xBTl5gDd0
男「とりあえず今のところ周りには居ないようだから安心して」

女「......うん」

男「じゃあ行こうか、家まで送るよ」

女「ありがとう...」

男(昨日の今日でこれじゃトラウマになったりしないかな...)

女「本当に......男君が通ってくれて良かった...」

男「......でも偶々だからね...昨日と今日は...もう人気のない方に逃げて来ちゃ駄目だよ?」

女「うん......ごめんなさい...」

男「......女さんは悪くないんだけどね」




428:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 18:15:55.21 ID:xBTl5gDd0
男「そういえばバイトってなんのバイトしてるの?」

女「コンビニだよ?でも変なお客さん多いから困ってるんだよね......」

男「場所は?」

女「駅前の所」

男「......もしかして変な奴に絡まれてるのってコンビニ出た直後?」

女「......うん」

男「あー...時間的に酔っ払いとか危ない奴出て来だす時間だからね...」

男「バイトの場所を変えるかこの時間までバイトするのやめたら?」

女「うん、止めようかな...なんかもう怖いし」

男「それがいいよ」




472:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 20:01:16.29 ID:xBTl5gDd0
女「......男君さ」

男「ん?」

女「明日もこの時間暇?」

男「え?...多分暇だけど」

女「私バイト辞めるつもりだけどいきなりは流石に辞められないから...」

女「本当に厚かましいとは思うんだけど......バイト終わる時間に一緒に帰ってくれないかな...?」

男「え...おっ俺が?」

女「親とかに頼みたいけど...反対押し切ってやってるから頼み辛くて...他に男友達とか居ないし...」

女「だから......お願い出来ないかな?...」

男「いっいいけど?送り迎えくらい...」




482:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 20:15:28.28 ID:xBTl5gDd0
女「ほっ本当に!?」

男「昨日と今日でこれじゃ確かに危ないもんな?俺じゃ頼りない気もするけど」

女「ううん!すっごい頼りになるよ!!」

男「ははっ!ありがとう」

女「お礼言うのは私だよ...図々しい事言ってるのに受けてくれて本当にありがとう......」

男「別にいいよ、女さんともっと仲良くなるきっかけにもなるしね?」

女「あはは!...そう言って貰えると結構嬉しいね?」

男「本音だしね?よし、話はまとまったし...もう遅いから急いで帰ろうか?」

女「うん!.........本当に嬉しいよ...」




487:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 20:23:14.25 ID:xBTl5gDd0
友『お前マジでハーレムやるの?』

男「正直わからない」

友『お?今更罪悪感か?この垂らしが!!』

男「いや、みんなは友達だし」

友『あ?なんか最初と勢いがちがくね?』

男「なんか思ってた幼なじみの女の子と違うなぁって」

友『なんだそれ?それはそれで失礼じゃね?』

男「みんな良い子で可愛いけどさ?なんか彼女ってのは違うなぁって」

友『なんだ?なんだ?ハーレム作るとか息巻いてたお前らしからぬ発言だな?なんかあったか?』

男「いや、彼氏彼女になったら今みたいな関係じゃダメな気がして」




493:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 20:39:58.67 ID:xBTl5gDd0
友『付き合える前提なのがお前らしいわ』

男「付き合えないかもしれないけどな、委員長の時みたいに良いように使われてるだけかもしれんし」

友『それは考えすぎなんじゃないか?女さんのは不可抗力みたいなもんだし』

友『不良さんのは事情は知らんが信用してくれてるんだろ?』

友『根暗さんはお前の第一被害者なのを除けば一番脈ありだし無難なんじゃないか?』

男「なんだよ被害者って、俺を加害者扱いするな」

友『動機が不純だし加害者みたいなもんだろ?ペロペロしたいとか抜かしてただろ』

男「......したいけどさ......全身をペロペロ...」




500:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 20:49:31.28 ID:xBTl5gDd0
友『......マジでやめろよ』

男「いやいや、冗談だって?あの黒ストはいたままの足先を吸いたいとか思ってないから」

友『真面目に聞いた俺がバカだったわ、おやすみなー』

男「まてまてまて!悪乗りした!悪かったから!......あー切れた」

男「ふぅ......俺は何してるんだか」




514:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 21:02:02.72 ID:xBTl5gDd0
男「ふぁー...ねむ...朝が一番ダルいなぁ...」

女「男君!おはよ!」

男「うぇ?おっ女さん?こっこんな所でどうしたの?」

女「男君と行こうと思って待ってたんだよ?」

男「おっ俺を?いつ来るかもわからないのに?」

女「いつも私よりは来るの遅いしここにいれば多分通るかなー?って...当たりだね!」

男「待ってる位なら昨日言ってくれれば良かったのに」

女「私も朝思いついたから、一緒に行こうかなーって」

男「結構行き当たりばったりなんだね女さんは」

女「計画性が無いってよく親にも怒られるよ!あはは!」




517:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 21:10:04.52 ID:xBTl5gDd0
男(これは今......良くある幼なじみのパターン来てるんじゃないか?)

女「......ちゃんがぁ...なって...」

男「へー?結構やんちゃなんだねあの子(ヤバい来てる幼なじみ来てるよ!幼馴染来てるよ!)」

友「よー男ー!おは......」

女「あ、友君おはよー」

男「おっす、友」

友「俺は今また夫婦云々を言うべきか?直接見るのは初めての組み合わせだが」

女「え?」

男「一度そんな台詞を聞いてみたいがまだ早いな」




523:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 21:20:47.72 ID:xBTl5gDd0
休み時間

友「朝は驚いたぜ?」

男「俺も女さんが待っててくれたのは驚いたぜ?」

友「あん?待ち合わせとかしてたんじゃねーのか」

男「女さんが朝の思い付きで俺を待ってたらしい」

友「リア充街道まっしぐらかよ」

男「朝のシチュエーションには大変満足した」

友「幼なじみにはまだ憧れてたのな」

男「部屋まで起こしに来るのがベストなんだが」

友「地味子はたまに来てくれるな」

男「死ね」




528:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 21:28:23.65 ID:EwLTiPRo0
アタックを掛けてみたら案外うまくいのかな
俺!やってみようかな!




529:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 21:30:56.13 ID:xBTl5gDd0
昼休み

友「おっし!昼昼!昼飯!」

男「購買行こうぜ!」

「おい、男は居るか」

友「ん?なんか女の子が...おい、お前また誰か違う子にちょっかいだしたのか?」

男「え?何にもしてないぞ?あんな子し...ら......あ、不良さん?」

不良「なんだいるじゃねーか!返事しやがれ!」

友「誰この美人さん......」

不良「あっ!?びっ美人とか言うな!嬉しいだろ......」

男「不良って変な所素直だよな...」




535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 21:42:31.02 ID:xBTl5gDd0
男「あっ!うわぁ...!生足!色白生足に黒ハイソ!!やべぇ!」

不良「なっなんだよ...ジロジロ見るなよ...」

友「マジか...マジに不良さんかよ......」

女「何々?この子男君知り合いなの?綺麗な人だねー」

根暗「......ちょ...ちょっと...私の席の周りで......」

男「お?なんか丁度良いな?みんなで屋上行こうぜ?」




538:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 21:49:25.00 ID:xBTl5gDd0
根暗「.........根暗です」

不良「不良だ」

女「女でーす」

友「友です」

男「みんな大好き男だよー!」

友「死ね、そこから飛んでトマトになれ」

男「まて、冗談だ...後昨日はすまなかった」

友「......気にしてねーよ」

男「さぁ俺のフレンズ!昼飯と洒落込もうぜ!?」

女の子(なんかキャラが変だな...)




545:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 22:05:31.91 ID:xBTl5gDd0
男「しかし不良は全然違う子になっちゃったな」

不良「お前が言ったんだろ...」

男「そうだけどね?すっごい似合ってるよ?髪型も、めんパンも」

不良「なっ!なっ!みっみたのか!?お前!!」

男「さっきからチラチラ見えまくりだよな?友」

友「俺に振るな!?」

女「男君そういう所みちゃうんだ......」

男「あ...はい、見ちゃうんです......すいません」

根暗「......男君って結構スケベだよね......」

男「ちょっとちょっと?根暗さん?発言には注意してくれよ?誤解を招くからね?」




549:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 22:13:14.50 ID:xBTl5gDd0
友「誤解なんか無いけどなぁ...」

不良「認識を改める必要があるめてーだな...」

女「そういう所あるとは思ってたけどスカート覗き見は......」

根暗「......そうだね...」

男「それを言うなら根暗さんも......」

根暗「!?わー!!だめだめ!!わー!!わー!!」

男「不良だって気絶してる俺を......」

不良「あっ!あれはやましい気持ちなんかないぞ!?」

男「友は言わずもがな変態だし」

友「おい」

男「女さんはー.........特にないなぁ」

女「.........なんか寂しいね...」




553:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 22:24:23.42 ID:xBTl5gDd0
男「まぁみんな大なり小なり性に興味はあるだろって事さ!」

友「うやむやにしたな...」

男「みんな仲良くやろうぜ!」

不良「ごまかせてないからな?オラァ!!」

男「だぼっ!?......すっすいま...せん.........」

不良「全く...油断も隙も無い奴だ...よいしょ」

友(自分で気絶させて膝枕......あっ...さっき言ってたのはこれか?)

根暗(......あれも...良いかも...)

女「なっなんか不良さんってシャイなんだか大胆なんだか......わからないね」

不良「なっ何がだよ?」

女「え......ううん何でもない...(良いなぁ...)」




565:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 22:33:41.62 ID:xBTl5gDd0
4人「.........」

4人(なんか気まずい......)

女(とっとりあえずなんか話さないと...!)

女「......あっあの...友君?」

友「なっ何?女さん」

女「友君と男君って付き合い長いの?」

友「あーうん...男とは幼稚園からずっと一緒のクラスだしな」

女「そっそうなんだ」

不良「幼稚園だけなら私も一緒だったぞ」

根暗「......私も」

女「あっ...わっ私も!」

友「あー知ってるよ?みんな○○幼稚園だもんな?」

女「あれ......友君は覚えてたの?」

友「いんや?この前男が急に変な事言い出したんだけどさ」




574:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 22:43:38.06 ID:xBTl5gDd0
女「幼なじみが欲しい?」

不良「私は幼なじみだろ?とか直接言われたな...」

根暗「......幼稚園一緒だよね?とか聞いてきたのはそのせい?」

友「なんか急に思い出したかのように言い出したんだよ」

女「友君は幼なじみじゃないの?」

友「俺もだけどな?でもなんか急に友達が欲しくなったのか幼なじみが欲しいとか言い出してね」

友(本当は彼女がって言ってたけどな...昨日の話を聞く限り気が変わったみたいだけど)

根暗「.........それで急に私に話かけて来たんだ...」

不良「私もなのか?」

女「私は偶然助けて貰っただけだけど...」




586:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 22:56:01.80 ID:xBTl5gDd0
友「なんかな、誰とでも話せる癖に友達作らないんだよなこいつ」

友「その癖に寂しがり屋でさ?」

友「なんで急にこんな事したのかはわからないけどな」

友「でもちょっと面倒くさいけど根は良い奴だし楽しい奴だから」

友「俺が言う事じゃ無いかも知れないが良かったら友達でいてやってくれよ」

不良「......良い奴なのはもう知ってる」

根暗「......ちょっと強引だけど」

女「......優しくて頼りになる人だよね」




589:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 23:01:15.81 ID:xBTl5gDd0
男「うぅん......なんかこれもなれたな...」

友「おっ?目覚めたか?」

不良「わっ悪かったな!また殴って...でも今回は男が悪いんだぞ?」

根暗「......寝顔可愛いかったよ...クス」

女「男君今日2回目のおはよーだね!」

男「あー...あー?なんか賑やかだな......」

男「......ん、そういやみんなで飯食ってたんだっけ...」




610:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 23:32:25.29 ID:xBTl5gDd0
女「ねぇ!写真撮ろうよ!」

男「ん...急にどうした?」

女「私さ?アルバムでこの5人だけで写ってる写真見たんだよね!」

不良「5人?5人で写ってる奴なら私も見たな...楽しそうに笑ってる奴」

根暗「......私も見た」

友「俺も男の家で見たな」

男「ああ、あの写真確かこの5人だったか?」

女「......私が思うにさ?私達昔から友達だったんだよね?」

男「昔から...か......」




611:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 23:33:18.73 ID:xBTl5gDd0
女「だからね?久々に撮ろうよ!」

男「良いな...撮ろうぜ!根暗さん!ツインテールにしようぜ!」

根暗「えっ!?いっ嫌だよ?!しゃっ写真撮るんでしょ...?」

男「頼む」

根暗「あっ...そっそんな真剣な顔で言われても......」

不良「私からも頼むよ」

女「あの写真の根暗ちゃんは確かにツインテールだったね?」

友「どうせなら似たような形にしたいもんな」

根暗「うぅ......わっわかった...やるからそんな見ないで......」




612:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 23:34:04.40 ID:xBTl5gDd0
女「わぁ!可愛い!すごい似合ってるじゃん!」

根暗「うぅ......」

友「マジかよ......」

男「可愛いだろ?勿体無いよなぁ」

不良「イイ......」

根暗「はっ早く撮ろうよ...」

男「よし!そうしよう!出来る限りの笑顔でな!先生よろしく!」

教師「......あの件くれぐれも内密に...俺達は清い関係なんだ...」

男「わかってますって!じゃあ頼みますよ!」

教師「ああ......じゃあ行くぞ?はいー笑って笑ってー......」

5人「イエーイ!」

パシャ

友達エンド




615:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 23:35:56.98 ID:xBTl5gDd0
もう疲れた
個別ルートはやりたかったけど無理だわ
ごめんなさい
オナニーして寝る




619:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 23:36:45.10 ID:imjOEyXQI
>>615
おまいは良くやったよ




626:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 23:40:41.79 ID:eJS7zsen0
>>615
乙ー




618:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 23:36:36.10 ID:ToOnQwEl0
ほぼ丸一日お疲れ様




634:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 23:47:12.61 ID:YI0R0EEn0
面白かったよ、乙
疲れただろうに。無理はすんな




637:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 23:51:43.07 ID:9SNPDhwJ0
終わってた
おつ
捕手してたやつもおつ




643:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/24(木) 00:07:26.39 ID:oDmQMBMd0

テンポとキャラがよかった!




651:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/24(木) 00:41:39.53 ID:xCAKAY9M0
乙!この引きもありだと思う




653:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/24(木) 00:44:55.77 ID:vggIHmxf0
いつか気が向いたら
続き書いてくれよー




624:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/23(水) 23:39:57.48 ID:RWrCObJ3i
デブス「............」





続きを読む