【シュタゲSS】フェイリス「……パパ?」


1: ◆3go5SqN4Y. 2016/03/21(月) 21:58:17.25 ID:nkDZr6hS0

2011年夏、シュタインズゲート世界線、フェイリスとオカリンの二つの目線で進みます。
哀心迷図のバベルのネタバレあり。特に漫画版を読んでる人にはより楽しんでいただけるかと。
もちろん、知らなくても楽しんでいただけるよう頑張ります。

2: ◆3go5SqN4Y. 2016/03/21(月) 22:01:15.24 ID:nkDZr6hS0

――Faris Side


今、何処からか、パパの声が聞こえた気がした。
深夜2時にふと目を覚ました私が、トイレに行こうとリビングを通ったときに。

パパ??「あれ、留未穂、まだ起きていたのかい」

その声に、私は驚いて音の方へ顔を向けたけれど、そこには誰もいなかった。
何かがあったわけでもなく、ただ深夜の黒い闇がひっそりと佇んでいた。

留未穂『どうして、今頃パパの幻聴なんて聞いちゃうのかな......』

胸がきゅうっと締め付けられる感覚を覚えた。
いつもは、こんなことないのに。どうしてだろう。

パパは、私が小さい頃に事故で亡くなった。
飛行機の事故で、たった一人の乗客以外は皆無事だった事故で、たった一人、私のパパだけが亡くなった。
それも、私がついた嘘のせいで――。


気付いたら、涙が流れていた。静かに、けれど確かに、一粒、二粒、と零れ落ちていく。

留未穂「あれ......なんで泣いてるんだろう......もう......」

執事の黒木はもうとっくに家に帰した。パパはこの世にはいない。
こんな広い家に、私はたった一人。


フェイリス「今さら寂しくなんて......ないニャ......」

フェイリスの口調で言っても、涙は止まらなかった。
そんなこと気にしなかったかのように私は急いで用を足すと、すぐさま布団へともぐりこみ、瞼を閉じた。


続きを読む