関連






639 : 以下、名... - 2016/03/16 11:43:56.11 yoTLwVEcO 591/689

☆シャンタッ君が語るこれまでのあらすじ☆






【夢みるままに待ちいたり】......始

640 : 以下、名... - 2016/03/16 11:44:44.41 yoTLwVEcO 592/689



真尋「..................」

真尋「.........」

真尋「......」

真尋「(それから、僕は歩き続けた)」

真尋「...............」

真尋「(もう動かない、ニャル夫を担ぎながら、この長い一本道を歩き続けた)」

真尋「...............」

真尋「(次第に、ニャル夫の体温が無くなっていって冷たくなるのを感じた)」

真尋「...............」

真尋「(その体温を感じて、僕は悪の帝王を目指した男が...死んだ事を知った)」

真尋「...............」

真尋「(涙は流れなかった。もう、流しつくしてしまったからなのだろう。)」

真尋「...............」

真尋「(この世界は、全てを失い”無”へと返ってゆく)」

真尋「...............」

真尋「(文字通り、僕とニャル夫以外何もない空間になる)」

641 : 以下、名... - 2016/03/16 11:45:10.25 yoTLwVEcO 593/689


真尋「.........あれ?」

「.........」

真尋「人が......居る...?」

「.........」

真尋「...いや、人じゃない。人である筈が無い...」

「.........」

真尋「......なぁ、アンタ...神様なんだろ?」

「............」

真尋「...あれ...?僕と......同じ顔......!?」

「......そう、かもしれないね」

真尋「...! そんな事はどうでも良い!!」

真尋「頼む!なぁ頼むよ!こいつを...ニャル夫を生き返らせてくれ!!」

「.........」

真尋「こいつは!こいつはこんな所で死ぬ奴じゃないんだ!こいつが宇宙を支配する悪の帝王になる筈なんだ!」

真尋「ここまで来たんだ!ここまでやっと...やっと来たんだよ!!」

真尋「なぁ、頼む!頼むから......」

真尋「こいつを......神様にしてやってくれ.........」