ルカ子「毎日毎日、チクニーが止まらないんです……」


1 : 以下、名... - 2015/07/04 15:40:02.92 oR2oyfm00 1/39

岡部「お、おう」

るか「ホントはイケないことだってわかってるんですけど......」

紅莉栖「ちょ、ちょっと待って。いったい彼女は何を言っているの」

るか「あの日あの時、チクニーという存在に気づかなければチクニーの魅力に取り憑かれずに済んだのに、っていつも思うんです......」ウルウル

岡部「そ、そうか。今一度聞くが、それがルカ子のやり直したい過去、なのだな?」

るか「は、はい。チクニーを知らない頃の自分に戻りたい、んです」ウルウル

元スレ
ルカ子「毎日毎日、チクニーが止まらないんです......」

2 : 以下、名... - 2015/07/04 15:41:29.68 oR2oyfm00 2/39

るか「ぼく、本気なんです。本気でチクニーを止めたいんです!」

まゆり「ねぇ、るかくん。チクニーってなぁに?」

ダル「オゥフ。まゆ氏の口からチクニー発言ktkr!」

るか「まゆりちゃん!? えっと......///」

紅莉栖「照れるくらいならなぜ頼んだ......」

岡部「あー、まゆり。その、なんだ。気にするな」

まゆり「えー」ムーッ

るか「ごめんね、まゆりちゃん......」

3 : 以下、名... - 2015/07/04 15:42:41.93 oR2oyfm00 3/39

紅莉栖(おい岡部。こんな下らない目的でDメール実験をしていいと思ってるの?)コソコソ

岡部(助手よ。先ほどルカ子のことを“彼女”と呼んでいたが、どうやら貴様は決定的な間違いをおかしているようだ)ヒソヒソ

紅莉栖(まちがい? あと助手ってゆーな)

岡部「ルカ子は女ではない......男だ」

紅莉栖「なんの冗談だ、それは」

岡部「浅はかだな。お前も科学者なら自分の目で確かめて見ろ」

紅莉栖「こんなかわいい子が男の子のはずが......。 ごめん漆原さん、ちょっと胸を触らせて」

るか「えっ!? は、はい、どうぞ......」

ピトッ

るか「っぁ!!!!!」ビクンッ

紅莉栖「!?」

続きを読む