SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

リヴァイ「全く、うるせぇ奴等だ」

1: ◆uSEt4QqJNo 2015/12/25(金) 21:30:08 ID:0f/2vn5E




ふっ、と吐いた息が白い。随分と寒くなってきた。リヴァイはそう感じ寒々とした外を見遣った。
もう年の瀬も近いこの時期、皆がうるさくなる。

今年も集まって飲むから絶対忘れるな。

面倒臭がってすっぽかすなよ。

あと○日後だからな。

本当にうるさい。お陰でここ数年、リヴァイは己の誕生日を忘れたことがない。いや、忘れさせてくれない。
感謝すべきなのだろう。祝ってくれる仲間がいることに。

だが如何せんうるさい。何日も前から毎日言われるのだ。リヴァイは辟易していた。
ここに来て始めの1、2回を逃げようとしたことが尾を引いているのかもしれない。

あんな昔のことなど引きずるな、と知らず舌打ちをした。



2: ◆uSEt4QqJNo 2015/12/25(金) 21:31:00 ID:0f/2vn5E




そして今日も今日とて声を掛けられる。
騒がしい食堂に入ろうとすると中から髭面のやたらでかい男が行く先を塞いだ。


「リヴァイ、25日は空けておけよ。立派なパーティーを開いてやる」

「何がパーティーだ。酒を飲みたいだけだろうが」

「そう言うな、ゲルガーが楽しみにしている」

「酒好き野郎じゃねぇか」

「奴だけじゃない」

「やはり俺は酒の肴か」


喧騒を背に少々声を大きくしたミケに確認され、リヴァイは悪態で返す。
ミケは悪態を気にも止めず話が終わると肩を叩いて食堂を後にした。

リヴァイはそれを流してざわついている食堂へと足を踏み入れた。



3: ◆uSEt4QqJNo 2015/12/25(金) 21:31:42 ID:0f/2vn5E




明くる日もまた声を掛けられる。
演習用の森でリヴァイはメガネの奇行種にやかましく呼び止められた。


「やあ、リヴァイ! 25日、忘れてないよね!? ねぇ!?」

「うるせぇ。聞こえてる。お前らが毎日のように言いやがるから忘れたくても忘れられねぇよ」

「それは良かった! 私は幹事だからさ、当日本人がいないとか困るんだ!」

「……人集めてるのか?」


リヴァイは少し嫌そうに眉間にシワを寄せて訪ねた。


「いいや? 誕生日知ってる奴で来たい人は私の所においでって感じだよ?
 それとも大々的に集めた方がいい? チラシ貼ったり、回覧板みたいなの作る?」

「いらねぇ。やめろ」


これ以上話すと面倒臭そうだ、とハンジから少し距離を取った。

立体機動の演習の休憩中だった為、リヴァイが離れると近くにいた兵士がハンジに疑問をぶつけている。
リヴァイは特に気にせず、休憩明けの演習の流れを頭に浮かべていた。



4: ◆uSEt4QqJNo 2015/12/25(金) 21:32:32 ID:0f/2vn5E




その次の日も声を掛けられる。


「リヴァイ、25日だが食堂でやるからな」

「いつも食堂だろうが。俺の時だけでなく」


今日はエルヴィンに会場について念を押されていた。廊下を歩いている最中に後ろから、だ。

エルヴィンとリヴァイが連れ立って歩くと廊下にいる兵士は固い表情で敬礼をしていった。
そして後ろから順にさざめいていく。


「なんだってお前らは毎日毎日飽きもせず確認しやがる。俺はボケジジイじゃねぇぞ」


リヴァイはいい加減苛ついて舌を打ちながら憎まれ口を叩いた。



続きを読む

関連のSS

13pt
ジャン「エレンは?」ミカサ「調査兵になる」
35pt
エレン「朝起きたら性別が逆転してた」
リヴァイ「細い月の下」
13pt
【進撃の巨人】ミーナ「何で私だけ...」
アルミン「恋愛ソングにケチをつける」
18pt
クリスタ「最近おっぱいがおっきくなった!」
29pt
エレン「ミカサ…ヤりたい」ミカサ「は?」
10pt
ベルトルト「君の願いが、叶ったよ……エレン」
10pt
【SS】「ベルトルトとユミルの……」
43pt
エレン「ドリフターズ!」 豊久「首三ツ目おいてけ!」
49pt
エレン「ドリフターズ?」 豊久「大将首二ツ目」
35pt
エレン「ドリフターズ?」 豊久「大将首二ツ目」【後編】
63pt
エレン「ドリフターズ?」
45pt
エレン「ドリフターズ?」【後編】
7pt
エルヴィン・スミス「花の香り」
21pt
【それ町×進撃】歩鳥と巨人の世界 完全版
11pt
【それ町×進撃】歩鳥と巨人の世界 完全版【後編】
28pt
エレン「キース教官の日記?」
11pt
ハンジ「優しい風」
26pt
エレン「同棲時代」