進撃の巨人 異種格闘技選手権大会


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/05(土) 22:29:09.93 :23hSaaip0

ハンジ「さぁ!お集まりのみなさん!長らくお待たせしました!これより第104期生による異種格闘技選手権大会を開催します!」

うおおおおおおおおおお!!!!!!!

ハンジ「実況は私、ハンジ・ゾエとキース教官でお送りします!」

キース「うむ。よろしく頼む」

ハンジ「それでは早速、選手たちの入場です!」


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/05(土) 22:34:31.08 :23hSaaip0

ハンジ「それはまさに東洋の神秘!どんな相手も投げて、極めて、絞め落とす!

はるか昔より伝わりし柔術の使い手は104期主席!ミカサ・アッカーマン!」

ハンジ「その鍛えられた肉体はすべてを真正面から受けとめる!純粋なパワーにおいては他の追随を許さない!

最強プロレスラー!104期次席!ライナー・ブラウン!」

ハンジ「104期1の長身は間合いの外から獲物を屠る!その長い脚から繰り出される蹴り技は唸りを上げる鋭い鞭!

バックボーンはムエタイ!ベルトルト・フーバー!」

ハンジ「その小柄な体から予想もつかない格闘センス!父親譲りのその蹴りは104期全員の恐怖の対象!

キックボクサー!アニ・レオンハート!」

ハンジ「レオンハートを師と仰ぎ、その技術を継承するは、すべての巨人を駆逐する鋼の意思を持つ104期の死に急ぎ野郎!

キックボクサー!エレン・イェーガー!」


続きを読む