娘「早く起きてほしいのだけれど」八幡「えー」


2:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/09/17(木) 21:38:12 ID:U8f/NymY

娘「休日だからといってダラダラしていてはダメよ? 節度ある生活こそが健全な肉体と精神を養うのだから」

八幡「お父さんが良いことを教えてやろう。休む日と書いて休日と読むんだぜ。わかったか、プチのん?」

娘「誰に向かってものを言っているのかしら。自慢ではないけれど、万年学年三位だったパパとは違って、私の国語の成績は入学以来常に学年一位よ」

と、無い胸を誇らしげに張るのは我が娘である。

昨夜は休日前ということもあって、積んでいた読書やらゲームやらを明け方までやっていたから、眠りに落ちたのはつい二時間ほど前のことであった。

だというのに、我が娘ときたら、気持ちよく眠りにつく父の布団を剥ぎ取り、叩き起こすのである。挙げ句の果てには説教される始末であった。

これは誰に似たのん?

八幡「べつに恩に着せるつもりはないが、お父さんは毎日お仕事を頑張っていてだな......。たまには遅くまでダラダラしてもいいんじゃないかなって思うんだけど?」

娘「いつも私たちのために働いてくれることに関しては、尊敬もしていますし、感謝もしています。だけれど、それとこれとは話が別よ。休日でも早起きする。そうすることで充実した休日を過ごすことができるのだから、厳しいように思えるかもしれないけれど、これはパパのためになることよ」

八幡「もっともらしいことを言っちゃってまぁ。まじ、プチのん」

娘「もっともらしいことではなく、もっともなことよ。......それから一応訊いておくけれど、そのプチのんというのは何かしら?」

続きを読む