ヤムチャ「プーアル! プロレス団体で少し上手くやれてきたぞ!」




関連記事
ヤムチャ「プーアル! プロレス団体から俺にオファーが来たぞ!」

ヤムチャ「プーアル!俺はプロレス団体に就職して頑張るぞ!」

ヤムチャ「プーアル! プロレス団体に就職したのは失敗だったぞ!」

ヤムチャ「プーアル! プロレス団体でやっていくのは難しいぞ!」


1: 名無しさん 2015/03/10(火) 22:03:27 ID:wYlgYCo2

ベガ「お疲れ様でした。いい試合でしたよ」

ザンギエフ「あぁ、いい試合だった。ヒューゴー、よくやってくれたな。礼を言うよ」

ヒューゴー「いえいえ」

ポイズン「まぁ、ギャラの分はしっかり仕事するよ」

ザンギエフ「ポイズンも、よくやってくれた。どうだ、ウチのファンは暖かかっただろう......?」

ポイズン「......驚いた部分もあったけどね。ブーイングじゃなくて、歓声がもらえるだなんて、驚きだよ」

ザンギエフ「なぁ、ヒューゴー......ポイズン......?」

ヒューゴー「......どうしたんですか?」

ポイズン「......何だい?」

ザンギエフ「お前達は、今、団体に属さないフリーでやっているが......大丈夫なのか? それで、やっていけているのか?」

ポイズン「まぁ、なんとかやれてるよ......こうやって、メインイベントに呼んでくれる団体がまだあるんだからね。フリーでやってる方が、儲かるよ。それに......こっちの方が、あたし達らしいだろう?」

ザンギエフ「......そうか」

ポイズン「あんたらが、人気を上げなきゃいけないのは、リュウ君だろう? こんな、ロートルの貧乏神に構ってたって......いい事はないよ?」

ヒューゴー「......まぁ、機会があれば、またよろしくお願いします」

ポイズン「ベガ、あんたもさぁ......? ちょっとはリュウ君に華を持たせてやっても、よかったんじゃないの? 前半は若い子達にやらせてあげてたのに......なんで、後半になったら自らしゃしゃり出ちゃうかねぇ?」


続きを読む