さやか「ねぇ杏子、ぱんつくったことある?」杏子「ぱん?」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 12:08:16.31 ID:TrqBZDrM0
さやか「どうなのよ?」

杏子「あー、昔な」

さやか「え!あんたパンツ食ったことあるの?」

杏子「だからそう言ってんじゃん」

さやか「パンツ、食ったことあるのね?」

杏子「......」

さやか「......」

杏子「騙しやがったなー!!」




ほむら「私も食べたことあるわよ、まどか」

まどか「そんな報告はいらないよ」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 12:12:36.45 ID:TrqBZDrM0
さやか「ねぇちゃんとお風呂入ってる?」

杏子「失礼だな、入ってるに決まってんだろ」

さやか「姉ちゃんとお風呂入ってるの?その歳で?」ニヤニヤ

杏子「いや私、姉ちゃんいないし、つかもう家族いないし」

さやか「ごめんね......」グスッ

杏子「気にすんな」



ほむら「私はまどかと入りたい!」

まどか「一人で入ってきなよ」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/10(日) 12:16:45.24 ID:TrqBZDrM0
さやか「杏子、Hになればなるほど硬くなるものってなーんだ?」

杏子「Hに......?って、おいっ!///」

さやか「ん?ん?」

杏子「そ、そんなこと言えるわけねーだろっ///」

さやか(照れてる照れてる。かわいい!)




ほむら「おちんちんよね」

まどか「鉛筆の芯だよ。あと、もっと恥じらいをもとうね」



続きを読む