同じSSをまとめているブログ

SSなび

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/23(金) 12:05:03 ID:1AYK/Tng

ラウラ「なんで私に手を出さないんだ?」


へへっ、後は頼んだぜ相棒


18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/23(金) 22:01:45 ID:uX8kp0XI

シャル「一夏ってさ」

シャル「ねえ・・・一夏」

シャル「一夏のバカ!!」

セシリア「一夏さん、うん完璧ですわ♪」


7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/23(金) 20:44:06 ID:cOkxmlIQ


一夏「んっ?」

ラウラ「鈴とシャルロットを手玉に取り...挙げ句の果てには自分の姉と男の友人にも手を出したというのに、一方で私には何もしないのだな」

一夏「......いや、だってお前...」スッ

ラウラ「─ッ!!」バッ

ガシィッ!

一夏「うぐッ!?う...腕ひしぎ逆十字固め...」ギシギシ...

ラウラ「むっ?すまん嫁よ。条件反射だ」パッ

一夏「痛つつ......まぁ、つまりはこういう事だよ...」


8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/23(金) 20:51:03 ID:cOkxmlIQ


ラウラ「...?つまりはどういう事だ?」

一夏「俺がこうしてラウラの身体に手を出そうとしたら...
お前、反射的にカウンター仕掛けてくるだろ?」

ラウラ「むっ、言われてみれば確かに...」

ラウラ「......しかし何故だ?お前に触られても、いつもは何とも思わないというのに...」

一夏「......俺が思うにな、ラウラ...」スッ

ナデナデ

ラウラ「うっ...急に何を...///」

一夏(よし、これはセーフだな...)

一夏「じゃあ次は...」スッ


9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/23(金) 21:04:54 ID:cOkxmlIQ


ラウラ「─ッ!!」バッ

ガシィッ!

一夏「うぐッ!!......へ...ヘッドロック...」ギシギシ...

ラウラ「......むっ?すまんすまん。またついついやってしまった」パッ

一夏「や...やっぱりな...」

ラウラ「......嫁よ、一体何が“やっぱり”なのだ?私にはさっぱりなのだが...」

一夏「......実は俺、今ラウラの股くらに目掛けて手を伸ばしてみたんだ...」

ラウラ「何...?」

一夏「頭を撫でた時とはうって変わった、攻撃的な反応...
やっぱりこの異常なまでの拒否反応は、お前の防衛本能からなる反射的な行動なんだ」